トップ | ログイン
VLOOKUP関数の注意点
2010年 02月 26日
VLOOKUPを使って検索できるようにしたいのだけどうまくいかない。
との質問を受けました。

数式を見ると、別段おかしなところもないように見えたのですが・・
2つミスがありました。

1)数式の検索範囲に絶対参照がなかったこと。
2)検索範囲の始まりの列番号が間違っていたこと。
検索範囲の中の検索したい列が左端になかったんですね。
VLOOKUPは、指定した表の「左端の列」を検索します。
検索範囲を変更してOKとなりました。
***********************************
検索範囲の元データはSheet1に↓のようになっています。
a0030830_13592640.gif

VLOOKUPを使って求めたい表はSheet2に↓のようになっています。
a0030830_13593488.gif

Sheet2の商品名を入力したら、価格が表示されるようにしたいんですね。
VLOOKUPを使って、セルB2に「検索値」「範囲」「列番号」を↓のように入力するといいですね。
=VLOOKUP(A2,Sheet1!$B$2:$C$11,2)
検索の型は省略しています。省略すると「近似値を含めて検索」になります。
FALSEにすると完全一致の値を検索します。
a0030830_13594291.gif

この場合、商品名で検索するので、検索範囲はB列が左端にくるようにしなければなりません。
Sheet2で「ID」で検索するのなら、A列から開始しなければなりません。
a0030830_13595474.gif

検索値が空白の場合、エラーが出ないようにするには、IF関数を使って↓のように修正するといいですね。
a0030830_140479.gif


VLOOKUP関数については、↓のページでもっと詳しく解説しています。
VLOOKUP関数
名前を入力すると、住所も自動的に入力できるようにしたい
by hama_y | 2010-02-26 22:56 | Excel |▲TOPへ

<< Microsoft XPS D... 表の作成 >>


パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
リンク
PROFILE
問い合わせ
プライバシーポリシー
初心者のためのOffice講座
はじめてのMac

[アフィリエイトやるなら]
カンファレンスバナー
[MVP]

Microsoft MVP for Word
(2016.1-2017.12)
Microsoft MVP for Office System
(2009.1-2015.12)

Google+
外部リンク
記事ランキング
最新の記事
フォームのテキストボックスを..
at 2017-03-20 17:29
Windows10でタスクバ..
at 2017-03-11 19:06
メールリンクをクリックしてG..
at 2017-03-07 19:30
Wordの裁ちトンボの印刷は..
at 2017-03-05 14:28
重要なファイルは拡張子を変え..
at 2017-02-23 23:32
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索