hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
VLOOKUPの参照範囲が可変する場合
2012年 09月 23日
VLOOKUPの参照範囲にデータが追加されるたびに参照範囲を変更しなければならないのは面倒ですね。

データが追加されても、自動で参照範囲が更新されるようにしておくと便利です。
まず、VLOOKUPの参照範囲に名前をつけます。ここでは、「tanka」という名前にしています。
範囲に名前を付けるには、範囲を選択しておいて、名前ボックスで名前を入力してEnterキーを2回押します。
a0030830_2147427.gif

そして、VLOOKUP関数の範囲を「tanka」とします。
a0030830_21474779.gif

関数の引数ダイアログボックスは↓のようになります。
a0030830_21492459.gif

ここで「数式」タブの「名前の管理」をクリックします。(Excel2007、2010)
参照範囲は「=Sheet1!$F$2:$H$7」になっています。
a0030830_21513055.gif

この参照範囲を↓のように変更します。
=OFFSET(Sheet1!$F$2,0,0,COUNTA(Sheet1!$F:$F),COUNTA(Sheet1!$1:$1))
a0030830_21522716.gif

そうすると、参照範囲のデータが縦横に追加されても何もする必要はありません。ここでは縦にのみデータを追加しています。
a0030830_21174016.gif

OFFSET関数とは、指定した参照から指定した行数、列数の範囲への参照を返します。
OFFSET(参照、行数、列数、高さ、幅)
この「高さ」と「幅」の数値をCOUNTA関数を使って指定しているわけです。
COUNTA関数は、範囲内の空白でないセルの個数を返します。

関連記事です。ご参考に!
名前定義の活用(2003)

範囲が可変する名前定義

縦横の範囲が可変する名前定義


by hama_y | 2012-09-23 22:10 | Excel |▲TOPへ

<< ラベルサイズ登録 Officeのバージョンがわからない >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
テキストボックス内で再変換す..
at 2017-11-10 22:04
Accessのナビゲーション..
at 2017-11-06 15:46
表の位置をスライドの中央に表..
at 2017-10-11 16:07
クイックアクセスツールバーに..
at 2017-10-11 15:02
Windows10のIMEで..
at 2017-09-10 10:08
Systemによってファイル..
at 2017-08-24 12:32
Windows10のIMEに..
at 2017-08-24 11:49
新規ブックのワークシート数
at 2017-08-11 20:27
表の縞模様ダイアログボックス..
at 2017-08-10 23:53
Windows10でWi-F..
at 2017-07-17 18:02
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
検索
外部リンク