ドキュメント検査で情報削除後の再入力について
2014年 01月 05日
Office2010には、ドキュメント検査という個人情報などを自動的にチェックして削除する機能があります。(Office2007以降)

このドキュメント検査ですが、一度情報を削除した後、再度 作成者などを入力する場合、注意していただきたいことがあります。

まず、「ファイル」タブをクリックして「BackStageビュー」を開きます。
「情報」の「ドキュメント検査」をクリックします。
a0030830_20422384.gif

「検査」ボタンをクリックします。
a0030830_20424817.gif

「すべて削除」ボタンをクリックします。
a0030830_20431257.gif

「閉じる」ボタンをクリックして「ドキュメント検査」を閉じます。
a0030830_20432599.gif

プロパティを確認すると、作成者情報などが削除されています。
再度、ここへ情報を書き込みます。
a0030830_20434657.gif

この後、「問題のチェック」にある「これらの情報をファイルに保存できるようにする」をクリックします。
クリックしない場合、プロパティ情報は保存されません。

a0030830_2044371.gif

クリック後、↓のようになったことを確認してファイルを閉じます。
a0030830_20442238.gif


サイトでも解説しています。
ドキュメント検査
by hama_y | 2014-01-05 20:51 | Office共通 |▲TOPへ

<< GoogleカレンダーはIE9... コピー・貼り付け機能の変遷 >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
IMEのシステム辞書の[標準..
at 2017-06-14 20:45
ピボットテーブルのフィールド..
at 2017-06-11 21:22
ピボットテーブルの日付のグル..
at 2017-06-03 14:13
一瞬現れてすぐ消えるウィンド..
at 2017-05-30 17:04
関数の引数ダイアログボックス..
at 2017-05-25 20:44
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
外部リンク