トップ | ログイン
[Excel]列の再表示
2005年 06月 06日
職場で使ってるExcelデータは、いつもA列を非表示にしてる。
 
必要なときだけ再表示する。
その時、全セル選択ボタンとB列の境界線でマウスポインタが左右開きになったときダブルクリックすると表示される。

で、昨日 自宅でExcelを起動させて同じようにしたら出来んやった。?のままだったけど・・やっとわかった。

A列にデータが入ってる場合と 空白列の場合ではまた違うんだよね。
以前、A列の再表示ができないとの質問があって、その時は名前ボックスを使ったんだよなぁ。
---------------------------------------------------------------
まず、列非表示の仕方は非表示にしたい列を選択して、メニューバーの「書式」から「列」→「表示しない」をクリックします。
a0030830_12524814.gif


あるいは選択した列で右クリック。ショートカットメニューの中から「表示しない」を選択してもいいです。
a0030830_12543880.gif

------------------------------------------------------
さて、再表示する方法です。いろいろあるんです。

①メニューバーの「書式」→「列」→「再表示」をクリック。
a0030830_12554312.gif

②列の境界線にマウスをポイントして左右開きの形に変わったとき、右クリックのショートカットメニューから「再表示」をクリック。
a0030830_1413733.gif

a0030830_14141754.gif

③またマウスポインタが左右開きの時、ダブルクリック。
a0030830_14152084.gif


表にまとめてみました。
a0030830_14373114.gif

そして、A列にデータがある場合、全セル選択ボタンとの境界でダブルクリック後なら名前ボックスに「A1」と入力して「Enter」でも表示されます。

A列にデータがあってウィンドウ枠の固定の設定をA列を含めて設定している場合、ダブルクリックで再表示できます。いつも使ってるExcelデータはウィンドウ枠の固定をしてたらから出来てたんですね。
というか、再表示はいつもダブルクリックを使ってます。データがないもので操作することはないからなぁ~再表示はダブルクリックという感覚しかなかったです。(^^ゞ

ショートカットキーは、列の非表示の場合「Ctrl」と「0」(テンキー不可)
再表示は「Ctrl」と「Shift」と「0」(テンキー不可)です。
でも、これも非表示直後ならOKですが 操作後は使えません。

どんな場合でも右クリックのショートカットメニューからのほうが確実かな?
一列のみ非表示の場合はこれでもいいけど何列も非表示にしていて一度に再表示したい場合は、両隣の列を選択してメニューバーの書式からの方が早い。ダブルクリックやショートカットメニューの再表示は一列ずつなんだよね。
直後の操作なら同じだけど・・・・
by hama_y | 2005-06-06 12:40 | Excel |▲TOPへ

<< 色 [IME]空白の入力 >>


パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
リンク
PROFILE
問い合わせ
プライバシーポリシー
初心者のためのOffice講座
はじめてのMac

[アフィリエイトやるなら]
カンファレンスバナー
[MVP]

Microsoft MVP for Word
(2016.1-2017.12)
Microsoft MVP for Office System
(2009.1-2015.12)

Google+
外部リンク
記事ランキング
最新の記事
フォームのテキストボックスを..
at 2017-03-20 17:29
Windows10でタスクバ..
at 2017-03-11 19:06
メールリンクをクリックしてG..
at 2017-03-07 19:30
Wordの裁ちトンボの印刷は..
at 2017-03-05 14:28
重要なファイルは拡張子を変え..
at 2017-02-23 23:32
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索