年齢計算(その1)
2006年 12月 14日
関数を使って年齢を出す方法です。

セルB2に本日の日付が自動的に表示されるように↓のように関数を入力します。
=TODAY()
a0030830_15302640.gif

セルC2には年齢が表示されるように↓のように関数を入力します。
=DATEDIF(A2,B2,"y")
a0030830_153037100.gif

あとは、セルA2に生年月日を入力するだけです。
このDATEDIF関数は、関数ウィザードの中にはないんですよねぇ~
手入力します。

本日の日付を表示したくなければ、年齢を表示したセルに↓のように入力します。
=DATEDIF(A2,TODAY(),"y")

=DATEDIF(開始日,終了日,単位)
単位を変えると下のような日数計算もできます。
"Y" 期間内の満年数
"M"期間内の満月数
"D"期間内の満日数

年齢計算(その2)や、サイトの「生まれてから何日目?」も参考になると思います。
by hama_y | 2006-12-14 12:20 | Excel |▲TOPへ

<< ああ~(/-\*) ハジュカチ… ピボットテーブルの並べ替え >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
ページの背景に塗りつぶし効果..
at 2017-05-21 11:15
段落の先頭文字を大きくするド..
at 2017-05-15 08:59
Chromeで記事編集後、プ..
at 2017-05-05 15:13
既定のアプリを変更してもアイ..
at 2017-04-30 20:13
エキサイトブログのスマホデザ..
at 2017-04-29 20:36
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
外部リンク