トップ | ログイン
文字の再変換
2006年 03月 15日
セルに文字を入力して確定したあとでも、再変換することができます。

セルの中にカーソルをおいて編集モードにします。
その方法は、↓のように2つあります。
1)セルを選択して「F2」キーを押します。
2)セルを選択してダブルクリックします。

そして、キーボードの「変換」キーを押します。

カーソルを置いただけでも、再変換することはできますが、文字列を特定したい場合は、範囲選択します。たとえば下のように「今日歯医者へ行く」と入力したかったけど、「今日は歯医者へ行く」と変換され、そのまま気づかずに確定してしまった場合など、
変換したいところにカーソルを置いて、再変換しても目的の文字列の変換は出来ない場合があります。
a0030830_1961116.gif

a0030830_196217.gif

こういう場合は、変換したい文字列を選択して変換したほうがいいです。
a0030830_197868.gif

a0030830_1971997.gif


マウスでドラッグして、範囲選択するほかに、
再変換したい文字列にカーソルを移動して、ダブルクリックする方法もあります。
ダブルクリックして反転した文字列が再変換できます。
ダブルクリックで目的の文字列を選択できない場合は、ドラッグしたり、Shiftキーを使って調整します。
a0030830_14574098.gif

************************
再変換の方法もいろいろあります。
1)キーボードの「スペース」キーの右隣の「変換」キーを押します。
2)反転した文字列で右クリックします。ショートカットメニューの中から「再変換」を選択します。
a0030830_1502372.gif

「Tab」キーを押すと、変換候補一覧を複数列で表示できます。再度「Tab」キーを押すと、一列表示なります。複数列表示はIME2003からです。
a0030830_151490.gif

数式バーでも同じように変換することができます。
a0030830_153715.gif

by hama_y | 2006-03-15 12:34 | Excel |▲TOPへ

<< デスクトップのアイコンの名前に色が ダブルクリックで開くことができない >>


パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
リンク
PROFILE
問い合わせ
プライバシーポリシー
初心者のためのOffice講座
はじめてのMac

[アフィリエイトやるなら]
カンファレンスバナー
[MVP]

Microsoft MVP for Word
(2016.1-2017.12)
Microsoft MVP for Office System
(2009.1-2015.12)

Google+
外部リンク
記事ランキング
最新の記事
フォームのテキストボックスを..
at 2017-03-20 17:29
Windows10でタスクバ..
at 2017-03-11 19:06
メールリンクをクリックしてG..
at 2017-03-07 19:30
Wordの裁ちトンボの印刷は..
at 2017-03-05 14:28
重要なファイルは拡張子を変え..
at 2017-02-23 23:32
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索