選択範囲の修正
2006年 03月 19日
Excelのワークシートで連続した範囲の選択をする場合は、
「Shift」キーを使うと便利ですね。

でも、範囲を間違うこともあります。
そのとき、またやり直さなくても、「Shift」キーを押したまま クリックしたり、方向キーで修正することができます。
-------------------------------
セル「A1」からセル「C7」まで範囲選択する場合、
セル「A1」をクリック。「Shift」キーを押して、セル「C7」をクリックするといいですね。
こういう狭い範囲の場合は、ドラッグ操作でもいいのですが、選択する範囲が広い場合は「Shift」キーを使ったほうが便利です。
a0030830_8212826.gif

そして、たとえば範囲をセル「A1」からセル「D7」まで広げたい場合は、「Shift」キーを押したまま、範囲のお尻にあたるセル「D7」をクリックします。
a0030830_8244411.gif

[範囲をセルB5まで狭くする場合は、、「Shift」キーを押したまま、範囲のお尻にあたるセル「B5」をクリックします。
a0030830_8282215.gif


「Shift」キーを押したまま、方向キーで選択範囲を修正することもできます。
「Ctrl」キーと「Shift」キーは並んでいますので、押し間違えないようにしてくださいね。
-------------------------------
また「F8」キーを押して「拡張選択モード」にすると、方向キーだけで選択範囲を拡張できます。
拡張選択モードはステータスバーで確認できます。
a0030830_1672559.gif

でもこれって、クリックでも選択範囲が拡張されるから、何かの拍子に拡張選択モードになっていて、「あれれ?」と思うことが以前はよくあったなぁ~

サイトの範囲選択も参照してください。
by hama_y | 2006-03-19 08:29 | Excel |▲TOPへ

<< 地震 デスクトップのアイコンの名前に色が >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
ゴールシークのボタンの位置
at 2017-06-24 09:53
IMEのシステム辞書の[標準..
at 2017-06-14 20:45
ピボットテーブルのフィールド..
at 2017-06-11 21:22
ピボットテーブルの日付のグル..
at 2017-06-03 14:13
一瞬現れてすぐ消えるウィンド..
at 2017-05-30 17:04
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
外部リンク