シリアル値
2006年 06月 12日
Excelでは、1900年1月1日を基準として9999年12月31日まで連続番号が振られていて、「1」から「2958465」までの連続番号がシリアル値として割り当てられているそうです。

セルに「1」と入力して、
・「Ctrl」キーと「1」キーを押す。
・あるいは、右クリックのショートカットメニューから「セルの書式設定」をクリック。
・あるいは、メニューバーの「書式」から「セル」をクリック。

上記のいずれかの方法で「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示させます。
「表示」タブから「日付」を選択すると、サンプルに↓のように表示されます。
a0030830_10343638.gif

もちろん、セルにも↓のように表示されます。
a0030830_1053318.gif

では、「0」と入力して日付表示にしてみると・・・・(ーー;)
a0030830_1036216.gif

「-1」と入力してみると・・・・ご丁寧にありがとう。
a0030830_10373690.gif

「2958466」と入力してみると・・・・↑と同じ(・・?

※シリアル値として割り当ててあるから、日付は数値とみなされて日数計算ができるんですね。
by hama_y | 2006-06-12 22:20 | Excel |▲TOPへ

<< 二重下線 きのこ >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
新規ブックのワークシート数
at 2017-08-11 20:27
表の縞模様ダイアログボックス..
at 2017-08-10 23:53
Windows10でWi-F..
at 2017-07-17 18:02
ページレイアウトタブに「シー..
at 2017-07-08 11:57
リボンのユーザー設定で「基本..
at 2017-07-05 15:19
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
検索
外部リンク