テーブルの機能
2009年 08月 19日
Excel2007には「テーブル」という機能があります。
テーブルの作成を参照してください。

その中の一つの機能として、先頭行の集計列に関数を入力すると、「Enter」キーを押すだけでテーブル内の残りの行にも同じ関数が入力されます。

↓のようなテーブルがあります。「合計」列に単価と数量をかけた合計の値を求めたいと思います。
セルC2に数式を入力します。
a0030830_6565618.gif

「Enter」キーを押すと、↓のようオートコレクト機能によって一気に数式が入力されます。
a0030830_657411.gif

****************************
テーブルは設定したいデータ内の一つのセルをアクティブにして、「挿入」タブの「テーブル」をクリックします。
a0030830_6571134.gif

「テーブルに作成」ダイアログボックスが表示されますので、変換するデータ範囲を確認して「OK」ボタンをクリックします。
a0030830_6571940.gif

データ範囲に名前をつけて、数式を入力すると↓のようになります。
a0030830_6572868.gif

by hama_y | 2009-08-19 07:59 | Excel |▲TOPへ

<< メールからリンク先を開けない Webページの背景色 >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
テーブルの代替テキストの入力
at 2017-04-27 21:48
環境依存文字の文字コメントが..
at 2017-04-25 09:03
シートのグループ解除
at 2017-04-18 14:48
デスクトップのアイコンがなく..
at 2017-04-06 19:03
フォームのテキストボックスを..
at 2017-03-20 17:29
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
外部リンク