トップ | ログイン
カテゴリ:Excel( 680 )
|▲TOPへ

アスタリスクを使った検索条件は関数によって違う
2016年 11月 22日
Excel2016での検証です。あれ?と思ったので記録しておきます。
下のようなセルA1からセルC13までの「№」「名前」「個数」の見出しの表があります。この表を元に名前が「田で始まる」と「田で終わる」人の「個数」の合計を求めたいと思って、SUMIF関数とDSUM関数を使った場合の結果です。
a0030830_22143028.gif
SUMIF関数は、下のように指定しています。セルG4の関数の引数です。他のセルは検索条件のみ変更しています。
a0030830_22053864.gif
DSUM関数は、下のように指定しています。セルG5の関数の引数です。他のセルは、条件のみを変更しています。
a0030830_22054832.gif
SUMIF関数は、「で始まる」の指定を「田」だけでは結果は0となります。
DSUM関数は正しい値を返します。

DSUM関数は、「で終わる」の指定を「*田」とすると、正しい値を返しません。「田を含む」条件の値を返します。
SUMIF関数は正しい値を返します。

フィルタオプションの設定の検索条件もDSUM関数と同じになります。

by hama_y | 2016-11-22 22:32 | Excel |▲TOPへ

列の最後の値を求めるには
2016年 11月 20日
Excelで作成した表が大きくなれば、一番下までスクロールして値を参照するのも面倒ですね。
特定の列の最後の値を参照する関数です。
a0030830_15295110.png

セルG2にD列の最後の値を表示するには、「=INDEX(D:D,COUNTA(D:D))」と入力します。
a0030830_15340474.gif
COUNTA関数は、「範囲内の空白でないセルの個数を返します。」
ただし、D列に空白セルがない場合に限ります。

by hama_y | 2016-11-20 15:37 | Excel |▲TOPへ

テーブルにすると既存の書式と重なる
2016年 11月 08日
Excelの表をテーブルに変換すると、データベース管理が行えるようになり、とても使いやすくなります。
テーブルについては、テーブルの活用 を参照してください。

しかし、もととなる表に書式が設定してあると、テーブルのスタイルと重なって見栄えが悪くなってしまいます。
下は、書式設定された表です。画像はExcel2016です。
a0030830_18352494.gif
これをテーブルにします。「挿入」タブから「テーブル」をクリックします。
a0030830_18361429.gif
下のように元の書式とテーブルの書式が重なってしまいます。見栄えがいいとは言えませんね。テーブルにすると、既定では「テーブルスタイル(中間)2 または 9」が設定されます。
a0030830_18370307.gif
テーブルのスタイルを優先する場合
テーブルのもととなる表の書式をクリアしておきます。
もととなる表の書式を優先する場合
もとの表の書式を優先したいのであれば、テーブルのスタイルをクリアします。テーブルのスタイルをクリアしても、テーブルのその他の機能は有効のままです。
テーブルスタイルをクリアするには、テーブルスタイルの右下のボタンをクリックして、
a0030830_18462336.gif

テーブルスタイルの中の「なし」をクリックします。または、一番下にある「クリア」をクリックします。
a0030830_18385861.gif

by hama_y | 2016-11-08 18:43 | Excel |▲TOPへ

使用中の表はテーブルなの?
2016年 10月 15日
「Excelでは、テーブルを使うと便利ですよ。」と話しても、「業務で使ってる表がテーブルかどうかが分からない。」と返ってくることがあります。
使用中の表がテーブルかどうかは、簡単に見分けられます。テーブル機能はExcel2007からの機能です。
下の画像(Excel2016)をみると、同じような表が2つの表が並んでいますが、左側は通常の表、右側はテーブルです。
a0030830_09025261.gif
左側の表内のセルをアクティブにします。セルA2をクリックします。何も変りません。
a0030830_09052569.gif
右側の表内のセルをアクティブにします。セルE2をクリックします。リボンに「テーブル ツール」が現れます。これが現れるかどうかで、すぐに表がテーブルかどうかの判断がつきます。
a0030830_09095704.gif
「デザイン」タブをクリックすると、下のようにたくさんのコマンドが並んでいます。ここで非常に効率よく操作をすることができるようになります。
a0030830_09174356.gif
テーブルについては、以下のページで解説しています。Excelのバージョンにかかわらず、参考になると思います。


by hama_y | 2016-10-15 09:34 | Excel |▲TOPへ

テーブルの集計のプルダウンメニューが変わった
2016年 09月 15日
Excel2016でテーブルを作成して操作してたら、あれ?と思うことが…
下はExcel2013のテーブルで集計行を表示してプルダウンメニューを表示したところです。
a0030830_22104332.gif
下はExcel2016です。
a0030830_22105579.gif
Excel2013の「データの個数」→ Excel2016「個数」
Excel2013の「最大値」→ Excel2016「最大」
Excel2013の「最小値」→ Excel2016「最小」
Excel2013の「標本分散」→ Excel2016「分散」

テーブルを活用すると、色付きセルの合計や、色付きセルの個数を求めることが簡単にできます。
色付きセルの合計で解説しています。
a0030830_22262400.gif

by hama_y | 2016-09-15 22:28 | Excel |▲TOPへ

グラフの線の名前
2016年 08月 19日
Excelで作成したグラフに下のような線を追加したい場合があります。各グラフの線の名前を知っておくと、設定方法を検索して探したりするときなど便利ですね。画像はExcel2016です。操作はExcel2013も同じです。

グラフを選択して「デザイン」タブの左端にある「グラフ要素を追加」の「線」をクリックしてメニューの中から選択します。

折れ線グラフの降下線
a0030830_00240003.gif
折れ線グラフの高低線
a0030830_00242265.gif
積み上げ縦棒グラフの区分線
a0030830_00244203.gif
Excel2007、Excel2010では、グラフを選択して「レイアウト」タブの「分析」グループにある「線」の中にあります。
a0030830_00330433.gif

by hama_y | 2016-08-19 00:33 | Excel |▲TOPへ

セルA1へジャンプ
2016年 07月 29日
Excelを保存して閉じるととアクティブセルの位置も保存されますね。
共有で使うブックなら、本来はセルA1をアクティブにして保存してもらうと助かるんですけどね。
昔は、それがマナーと教わったことがあります。

使用中のシートの行や列が多い場合も知っておくと便利ですね。
スクロールで戻るより、絶対早いです。

ホームポジション(セルA1)へ戻るショートカットキーは「Ctrl」+「Home」です。
a0030830_00152676.gif

by hama_y | 2016-07-29 00:16 | Excel |▲TOPへ

ピボットテーブルの列幅を固定したい
2016年 07月 22日
ピボットテーブルを作成して、列幅も調整してできた!と思っても、
a0030830_12555742.gif
データを更新するために、「分析」タブの「更新」をクリックすると、
a0030830_12562421.gif
せったく整えた列幅がまた元に戻ってしまいますね。(画像はExcel2016ですが、他のバージョンも同じです。)

a0030830_12564478.gif
データを更新しても列幅が変更されないよう固定する方法です。
ピボットテーブル内で右クリックします。ショートカットメニューから「ピボットテーブル オプション」をクリックします。
a0030830_12570013.gif
「ピボットテーブルオプション」の「レイアウトと書式」タブにある「更新時に列幅を自動調整する」のチェックボックスをオフにして「OK」ボタンをクリックします。
a0030830_12571262.gif

by hama_y | 2016-07-22 12:58 | Excel |▲TOPへ

グラフの角を丸くするには
2016年 07月 13日
昔からある機能なんですが、グラフを作成した時に、グラフの角を丸くするには、チェックボックスをオンにするだけです。この機能って好きなんですね。

作成したグラフは通常、角があります。
a0030830_12483540.gif

このグラフを下のように角を丸くする方法です。ちょっと柔らかくなった感じがします。
a0030830_12495461.gif

【Excel2016】【Excel2013】画像はExcel2016です。
グラフを選択して、右クリックします。ショートカットメニューから「グラフエリアの書式設定」を選択します。
a0030830_1252534.gif

「塗りつぶしと線」の「枠線」にある「角を丸くする」のチェックボックスをオンにします。
a0030830_12552426.gif

【Excel2010】【Excel2007】画像はExcel2010です。
グラフを選択して、右クリックします。ショートカットメニューから「グラフエリアの書式設定」を選択します。
a0030830_1305257.gif

「枠線のスタイル」にある「角を丸くする」のチェックボックスをオンにします。
a0030830_1315239.gif


積み上げグラフ2本を横に並べて前年対比ができるようにするには、ちょっと工夫が必要です。
積み上げグラフ2本を横に並べるには(Excel2010)
Excel2013以降は、「おすすめグラフ」を使うと、効率的です。
前年対比ができる積み上げグラフはおすすめグラフで
by hama_y | 2016-07-13 13:04 | Excel |▲TOPへ

範囲に名前を付ける方法
2016年 06月 30日
Excelでは、範囲に名前を付けると数式や入力規則などに使用することができるなど、多くのメリットがあります。
①名前を付けたい範囲を選択します。画像は、excel2016ですが、他のバージョンのexcelでも同様の操作ができます。
a0030830_15180559.gif
名前ボックスをクリックします。
a0030830_15183870.gif
名前ボックスに範囲に付ける名前を入力します。入力を確定したら、「Enter」キーを押します。
a0030830_15191201.gif
範囲に名前が付けられたかを確認するには、名前ボックスの▼をクリックして「第1営業部」を選択してみます。範囲が選択されたらOKです。
a0030830_15235768.gif
②もう1つの方法です。範囲を選択して、「数式」タブの「名前の定義」をクリックします。「名前の定義]ダイアログボックスの「名前」のテキストボックスに名前を入力して、「OK」ボタンをクリックします。
a0030830_15263952.gif
また、範囲の編集は「数式」タブの「名前の管理」から行うことができます。「参照範囲」のテキストボックス内を直接修正するか、「ダイアログボックス拡大/縮小ボタン」をクリックして範囲選択します。
a0030830_15304868.gif
範囲に名前をつけて、入力規則で絞り込みリストを作成することができます。
絞り込みリストの作成


by hama_y | 2016-06-30 15:46 | Excel |▲TOPへ




パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by hama_y
サイト内検索
リンク
PROFILE
問い合わせ
プライバシーポリシー
初心者のためのOffice講座
はじめてのMac

[アフィリエイトやるなら]
カンファレンスバナー

[MVP]

Microsoft MVP for Word
(2016.1-2017.12)
Microsoft MVP for Office System
(2009.1-2015.12)

Google+
外部リンク
記事ランキング
最新の記事
Office2013をインス..
at 2017-01-08 09:35
アクセスキーについて
at 2017-01-03 14:58
Yahooカテゴリ登録について
at 2017-01-02 12:00
Microsoft MVP ..
at 2017-01-02 06:19
ファイルをまとめてリネームす..
at 2017-01-01 22:22
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
検索