カテゴリ:Excel( 691 )
|▲TOPへ

2行のデータを1行のデータにしたい
2016年 02月 01日
こういう表もあるんですねぇー!
下のように1つのデータを2行に分けてありました。とても長い項目行があって、その項目行が1行で収まらないので2行にしたかどうかはわかりませんが・・
a0030830_17152863.gif
この表を1行のデータにしたいとの相談を受けました。全ての項目は不要で、途中までで良いとのこと。でも、1枚のシートではなく、項目もすべて違うシートがもう1枚ありました。
どうするか?いろいろ悩みましたが、下のページの偶数行を選択というアドインソフトを使わせていただくことにしました。(人-)謝謝(-人)謝謝
「偶数行の選択」アドインソフトの説明 (動作確認は2007までと記されていますが、2010、2013でもOKでした。)

Excel2013に上記アドインを組み込みました。シートをコピーして操作します。
範囲選択して右クリックします。ショートカットメニューの中の「偶数行選択」をクリックします。
a0030830_17165479.gif
ダイアログボックスが表示されるので、範囲を確認して「OK」ボタンをクリックします。
a0030830_17174451.gif
「ホーム」タブの「コピー」をクリックします。
a0030830_17183050.gif
元の表に重ならないようにコピーした偶数行のみを貼り付けします。
a0030830_17193093.gif
再度、元の表を選択して、偶数行を選択します。
a0030830_17205625.gif
そして、今度は、「ホーム」タブの「シートの行を削除」をクリックします。
a0030830_17214464.gif
下のようになりますので、後は、行を揃えます。
a0030830_17222386.gif
下のように1つの行にすることができました。
a0030830_17230382.gif
*************************************
または、元の表の上に1行挿入します。
a0030830_17240819.gif
そして、右クリックして、ショートカットメニューから「偶数行選択」をクリックします。コピーして、表の下へ貼り付けます。
今度は、元の表の1行目を削除して、再度、元の表を選択して「偶数行選択」をクリックします。
a0030830_17250286.gif
下の表の横に貼り付けます。
a0030830_17271794.gif

by hama_y | 2016-02-01 17:28 | Excel |▲TOPへ

ページ幅が違うPDFの幅を揃えるには
2016年 01月 28日
Office2007から、「名前を付けて保存」でPDFの作成ができるようになっていますが、Excelのシートで用紙サイズの違うものをPDFにすると、ページ幅が違ってしまいます。その場合に、ページ幅を揃える方法です。PDF作成には「Adobe Reader XI」を使用します。

1枚目のシートはA4サイズ、2枚目のシートはA3サイズで作成したブックがあります。
下のように「名前を付けて保存」の「ファイルの種類」から「PDF」を選択して、[オプション」をクリックします。
a0030830_07004920.gif
一気に作成するために、「発行対象」から「ブック全体」を選択します。
a0030830_07010842.gif
「保存」ボタンをクリックしてPDFを作成すると、下のようにページ幅が違っています。
a0030830_07011780.gif
ページ幅を揃えるには、PDFの「ファイルの印刷」をクリックします。
a0030830_07012679.gif
プリンターで、「Microsoft Print PDF」を選択します。そして、「ページサイズ処理」で「合わせる」を選択して、「印刷」をクリックします。
a0030830_07014573.gif
そうすると、下のようにページ幅を揃えることができます。
a0030830_07015824.gif

by hama_y | 2016-01-28 07:16 | Excel |▲TOPへ

Excel2016のピボットテーブルには検索ボックスが
2016年 01月 17日
Excel2016のピボットテーブルでは、フィールドリストを検索できるようになっています。
これは、嬉しい機能です。
リストの数が少ない場合は、必要ないかもしれないですが、フィールドリストが多い場合は、やはりあると便利ですね。
a0030830_22112684.gif
リボンのユーザー設定にもコマンド選択が検索で出来るようになると嬉しいのですが・・・Office2016にもない。残念。

by hama_y | 2016-01-17 22:13 | Excel |▲TOPへ

セルにtrue、falseを小文字で入力するには
2015年 12月 27日
Excelでセルに「true」、「false」と小文字で入力したくても、大文字に変換されてしまいます。
これは、書式設定が「標準」だからです。
書式設定が標準の場合、「true」と「false」は論理値と見なされるため、勝手に大文字に変換されるのだそうです。
a0030830_1315388.gif

小文字に変換するには、入力したセルの書式設定を「文字列」にします。
a0030830_1325518.gif

そして、文字列の中にカーソルを置いて、「変換」キーを押します。変換候補の中から半角の「true」を選択します。「変換」キーは、「スペース」キーの右側にあります。
a0030830_1335945.gif

同じように「FALSE」も変換キーを使って再変換します。
a0030830_1343433.gif

by hama_y | 2015-12-27 13:07 | Excel |▲TOPへ

セル内で改行
2015年 12月 05日
Excelでセル内で改行したい場合がありますね。(画像はExcel2013です)
a0030830_11323517.gif


改行するには、改行したい位置にカーソルを置いて、「Alt」キーと「Enter」キーを押します。
a0030830_1133099.gif


この操作をすると、自動的に「ホーム」タブの「折り返して全体を表示する」が有効になります。
a0030830_11363236.gif


元に戻すには、このボタンをクリックします。
a0030830_1137616.gif


改行していない状態に戻すことができます。
a0030830_11373034.gif

by hama_y | 2015-12-05 11:40 | Excel |▲TOPへ

列のアルファベットを取得するには
2015年 09月 29日
めちゃくちゃ大きい表を渡されました。列番号はGZまで、208個のフィールド数です。
各フィールド名は長いし、同じ名前のものもあります。これをAccessにインポートしなければならない。
できれば、少しサイズダウンしたい、不要なフィールドは削除したいと思いました。画像はサンプルですよ。
a0030830_21195856.gif

必要なフィールドはどれなのか?担当者に取捨選択してほしいと思ったんですね。横にだらだら~っとみていくより、縦に並べて、他のツールのフィールドとも比較したいな思いました。
なので、上記の表を下のように並べ直したいと思ったのです。
a0030830_21274672.gif

が、フィールド名は選択して、行列を入れ替えて貼り付ければいいですが、ワークシートの列のアルファベットは取得できないですよね。
検索すると、下のページがヒットしました!きゃー、有難いですね。(人-)謝謝(-人)謝謝
エクセル関数で列の番号でなく、列のアルファベットを取得する方法

以下、やったことです。
まず、フィールド名の上に行を挿入します。
a0030830_21283726.gif

そして、セルA1に数式を入力します。
=LEFT(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1),LEN(ADDRESS(ROW(),COLUMN(),4,1))-LEN(ROW()))
その数式をコピーして、GZ列まで貼り付けます。見事にアルファベットを取得してます!
a0030830_21302127.gif

数式のままでは困るので、数式が入ったセルを選択してコピーして、値のみ貼り付けします。
a0030830_2132631.gif

今度は、セルA1からセルGZ2までコピーして、
a0030830_21332486.gif

新しいシートのセルA1で行列を入れ替えて貼り付けします。
a0030830_21343161.gif


Accessにインポートできるデータにするには、他にもデータ型を揃えるなど、いろいろやらなければなりませんでしたが、どうにか目的のものができそうです。
by hama_y | 2015-09-29 21:36 | Excel |▲TOPへ

ExcelとAccessのフィルターコントロールの違い
2015年 09月 15日
氏名を表記する場合、姓と名を半角スペースや全角スペースで分けてあるケースは多いです。
この半角スペースと全角スペースが混在している表も多く見受けられます。

ExcelもAccessもフィルターコントロールを使用して抽出ができますが、
ExcelとAccessでは、その表示が違います。
Excelでは、文字列内の半角スペースと全角スペースを区別しますが、
Accessでは、半角スペースと全角スペースの区別がありません。

Excelで下のような表があります。半角スペースと全角スペースが混在です。
a0030830_2321241.gif

「データ」タブから「フィルター」ボタンをクリックします。
そして、フィルターコントロールをクリックします。一覧には、半角スペースと全角スペースの文字列は別物として表示されます。半角、全角が混在していることがすぐに分かります。
a0030830_23213341.gif


下は、Accessのテーブルです。
a0030830_23214882.gif

フィルターコントロールをクリックします。一覧には、半角スペース、全角スペースの区別がありません。
半角、全角が混在していることに気づきにくいですね。
a0030830_2322144.gif

by hama_y | 2015-09-15 23:27 | Excel |▲TOPへ

右から4文字抜いた文字列
2015年 09月 09日
マトリックス表からデータベースにしたのはいいけど、長いコードを右から4文字抜いたフィールドにしたいなと・・・

=LEFT(A1,LEN(A1)-4)で求めることができました。
a0030830_22225696.gif


LEFT関数は、先頭から指定された数の文字を求めます。
a0030830_2223938.gif


LEN関数は、文字列の長さを求めます。
a0030830_22232022.gif

by hama_y | 2015-09-09 22:25 | Excel |▲TOPへ

先頭に0をつけた文字列にするには
2015年 09月 09日
データクレンジングは本当に面倒です。

さっと出来る予定のものが次から次へ・・・あれ?と詰まってしまいます。

今日、使った関数です。
下のように本来は先頭に0がついた4桁の番号なのですが、0が抜けて3桁の数字になっているものがあります。
a0030830_2293537.gif


TEXT関数という便利なものがあるんですね。
=text(A1,"0000")と入力して、下へドラッグ。
4000件以上のレコードだったので、とても役立ちました。
a0030830_2212062.gif


TEXT関数(Microsoft)
by hama_y | 2015-09-09 22:12 | Excel |▲TOPへ

PowerViewのタイル
2015年 09月 08日
タイルにフィールドを追加すると、スライサーのように絞り込みができるんですね。
a0030830_21495365.gif


タイルの種類を「タイルフロー」にすると、下のようになります。
a0030830_2242267.gif


スライサーは使えないのかしらん。
スライサーのボタンはあるのですが、有効になりません。うーん。
a0030830_2272921.gif


もっと仲良しになりたいわ(^^♪
by hama_y | 2015-09-08 22:07 | Excel |▲TOPへ




パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
新規ブックのワークシート数
at 2017-08-11 20:27
表の縞模様ダイアログボックス..
at 2017-08-10 23:53
Windows10でWi-F..
at 2017-07-17 18:02
ページレイアウトタブに「シー..
at 2017-07-08 11:57
リボンのユーザー設定で「基本..
at 2017-07-05 15:19
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
検索
外部リンク