<   2012年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
|▲TOPへ

再変換
2012年 09月 30日
入力した文字をEnterキーで確定した後でも、「変換」キーを押すと、再度 変換候補を表示して選択し直すことができます。Backspaceで削除して、また入力して変換するよりは早いですよね。ぜひお試しください。
a0030830_22464448.gif

a0030830_22465693.gif

また、「Tab」キーを押すと、変換候補を複数列表示にすることができます。
a0030830_2247889.gif

by hama_y | 2012-09-30 22:50 | IME |▲TOPへ

緑の波線
2012年 09月 30日
Wordのおせっかい機能として嫌がられる「緑の波線」、「赤の波線」ですが、
私はこの機能は、ぜひ活用してほしいと思っています。

たとえば、↓のように文書内に「サーバー」と「サーバ」という文字があると、緑の波線が表示されます。
a0030830_21243664.gif

また、「サーバー」と「サーバー」というように、全角カタカナと半角カタカナが混在している場合も
緑の波線が表示されます。
緑の波線上で右クリックしてみてください。
「揺らぎ(カタカナ)サーバー」をクリックして、半角カタカナを全角カタカナに修正すると、
緑の波線は消えます。
a0030830_21245416.gif

この機能は、Wordのオプションにある「文章校正」の「Wordのスペルチェックと文章校正」にある
「入力時にスペルチェックを行う」のチェックボックスをオフにすると、赤の波線が表示されなくなります。
「自動文章校正」のチェックボックスをオフにすると、緑の波線が表示されなくなります。(Word2007、2010)
既定ではオンになっていますので、この意味を理解してぜひ文書校正に有効に活用していただきたいと思います。
a0030830_21504272.gif

*******************************
Word2003で、この機能を無効にするには以下のように設定します。2003の場合は、チェックボックスをオンにします。
a0030830_2210473.gif

Word2003の解説は、「赤の波線・緑の波線」を参照されてください。
by hama_y | 2012-09-30 22:15 | Word |▲TOPへ

チェックをつけたい
2012年 09月 27日
ExcelやWordでチェックをつけて提出するよう求められることがあります。

チェックを付けるといっても、フォームになっているわけではなく・・・・
(フォームならチェックボックスをクリックするだけで済むんですけどね。)

そこで、みなさんいろいろ工夫して、項目の行頭にチェックマークをつけようとされるわけです。

レ点を付けたり、■にしたり・・・

こういう時は、「ちぇっく」と入力して変換してみてください。
↓のようにたくさん変換候補が表示されます。
a0030830_23145148.gif

もし、変換候補に「ちぇっく」と「チェック」だけなら、IMEのシステム辞書で設定してみてください。(画像は、MicrosoftIMEのプロパティです。)
言語バーの「ツール」から「プロパティ」をクリックします。
a0030830_14522826.gif
そして、「辞書/学習」タブをクリックします。
a0030830_23153533.gif
チェックボックスであれば、「Microsoft IME 記号辞書」だけでもいいです。「システム辞書」の一番下にあります。スクロールすると出てきます。
a0030830_14422069.gif

IME2010なら、変換候補の最終にある「英語に変換」や「記号」を押すと、変換候補が増えます。チェックボックスであれば「記号」をクリックすると表示されます。
a0030830_23164829.gif
IMEのシステム辞書については、「これは便利だぞ!(顔文字他)」で解説しています。

Windows8以降、Microsoft IMEは大きく変わりました。以下をご参照ください。


by hama_y | 2012-09-27 23:26 | Word |▲TOPへ

タブ文字の削除
2012年 09月 27日
Excelで作成された文書をコピーして、Wordに貼り付けると「タブ」がたくさん表示されて困ったということはないですか?
a0030830_22401688.gif

「検索と置換」ダイアログボックスで「タブ文字」を選択して実行すると、一気に消すことが出来て便利です。

タブ文字の削除で解説しています。

Word2010で解説していますが、下位バージョンでも同じです。
by hama_y | 2012-09-27 22:43 | Word |▲TOPへ

宛名ラベル作成
2012年 09月 27日
Excelで作成したアドレス帳を元に宛名ラベルを作成することができます。

Wordのバージョンごとに動画で解説しています。


by hama_y | 2012-09-27 07:17 | Word |▲TOPへ

ラベルサイズ登録
2012年 09月 27日
登録されていないメーカーや型番のラベルでも、簡単にラベルシールのサイズ登録ができます。

Wordのバージョンごとに動画で解説しています。

ラベルサイズ登録設定Word2003

ラベルサイズ登録設定Word2007

ラベルサイズ登録設定Word2010
by hama_y | 2012-09-27 07:04 | Word |▲TOPへ

VLOOKUPの参照範囲が可変する場合
2012年 09月 23日
VLOOKUPの参照範囲にデータが追加されるたびに参照範囲を変更しなければならないのは面倒ですね。

データが追加されても、自動で参照範囲が更新されるようにしておくと便利です。
まず、VLOOKUPの参照範囲に名前をつけます。ここでは、「tanka」という名前にしています。
範囲に名前を付けるには、範囲を選択しておいて、名前ボックスで名前を入力してEnterキーを2回押します。
a0030830_2147427.gif

そして、VLOOKUP関数の範囲を「tanka」とします。
a0030830_21474779.gif

関数の引数ダイアログボックスは↓のようになります。
a0030830_21492459.gif

ここで「数式」タブの「名前の管理」をクリックします。(Excel2007、2010)
参照範囲は「=Sheet1!$F$2:$H$7」になっています。
a0030830_21513055.gif

この参照範囲を↓のように変更します。
=OFFSET(Sheet1!$F$2,0,0,COUNTA(Sheet1!$F:$F),COUNTA(Sheet1!$1:$1))
a0030830_21522716.gif

そうすると、参照範囲のデータが縦横に追加されても何もする必要はありません。ここでは縦にのみデータを追加しています。
a0030830_21174016.gif

OFFSET関数とは、指定した参照から指定した行数、列数の範囲への参照を返します。
OFFSET(参照、行数、列数、高さ、幅)
この「高さ」と「幅」の数値をCOUNTA関数を使って指定しているわけです。
COUNTA関数は、範囲内の空白でないセルの個数を返します。

関連記事です。ご参考に!
名前定義の活用(2003)
範囲が可変する名前定義
縦横の範囲が可変する名前定義
by hama_y | 2012-09-23 22:10 | Excel |▲TOPへ

Officeのバージョンがわからない
2012年 09月 23日
時々、Officeのバージョンをお聞きしても、「分かりません」って答えられる方がいます。

Office2003、Office2007、Office2010のうち、いずれかをお使いだと思うのですが、バージョンを意識せずにお使いの方もも多いようです。

電話でお聞きする場合は、Wordであれば「左上にファイルって文字がありますか?そのファイルの横の文字は何ですか?」などとやり取りすることがあります。

●Word2003
a0030830_13531293.gif

●Word2007
a0030830_1354512.gif

●Word2010
a0030830_13535645.gif

by hama_y | 2012-09-23 13:57 | Office共通 |▲TOPへ

ピボットの元データ範囲の拡張を反映させるには
2012年 09月 18日
ピボットテーブルを作成した後、元データを拡張することはよくありますね。

ピボットテーブルの作成(Excel2003)
Excel2003の場合、元データを拡張した後は、以下の手順でピボットに反映させることができます。

データを元にピボットテーブルを作成しました。フィールドリストは「商品名」「売上高」「出荷期」の3つです。
a0030830_7414836.gif

この元データに「販売店」フィールドを追加しました。また、最終行の下にデータも1つ追加しました。
a0030830_7415665.gif

追加したデータを作成済みのピボットに反映させるには、参照範囲を変更する必要があります。
ピボット内でクリックして、メニューバーの「データ」から「ピボットテーブルとピボットグラフレポート」をクリックします。
a0030830_74265.gif

「ピボットテーブル/ピボットグラフウィザード3/3」で「戻る」ボタンをクリックします。
a0030830_742158.gif

範囲を修正して、「完了」ボタンをクリックします。
a0030830_7422759.gif

ピボットテーブルには、「販売店」フィールドリストが追加されています。
a0030830_7423499.gif


********************************************
Excel2007以降では、元データに「テーブル」機能を適用すると
「更新」ボタンをクリックするだけで範囲が拡張されるようになりました。
ピボットの元データにはテーブルを適用(Excel2010)
by hama_y | 2012-09-18 08:01 | Excel |▲TOPへ

積み上げグラフを2本横に並べたグラフ
2012年 09月 17日
↓のように積み上げ縦棒グラフを横に並べるグラフの作成方法を解説しました。
前年同月対比のグラフなどに活用できると思います。

a0030830_13504530.gif
あれこれ考えた末のものですが・・・(^^ゞ 参考にしていただければ幸いです。ヒントは元データに空白スペースの挿入です。
a0030830_10031333.gif
Excel2010で解説しています。
積み上げグラフ2本を横に並べるには

by hama_y | 2012-09-17 13:54 | Excel |▲TOPへ




パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
関数の引数ダイアログボックス..
at 2017-05-25 20:44
PowerPivotで作成し..
at 2017-05-25 20:27
ページの背景に塗りつぶし効果..
at 2017-05-21 11:15
段落の先頭文字を大きくするド..
at 2017-05-15 08:59
Chromeで記事編集後、プ..
at 2017-05-05 15:13
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
外部リンク