hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|▲TOPへ

エックスサーバーの拡張モジュールmod_pagespeedについて
2016年 08月 31日
5月にエックスサーバーに移転したので、便利なものは使おうと思い「mod_pagespeed」をONにしました。mod_pagespeedについては、下の記事に詳細に記されています。
mod_pagespeed設定 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

設定は超簡単です。サーバーパネルの「mod_pagespeed」の設定画面で「ONにする」ボタンをクリックするだけです。
a0030830_21044535.gif
【メリット】
Webページの表示速度が速くなるとのことで、さっそくGoogleのスピードテストを実施して分析しました。ホー!確かにモバイルもパソコンも点数が良くなった♪これは嬉しいですね。

【デメリット】
Wordpressで作成しているサブドメインのサイト(ヨガと更年期)で、CSSをいじるとWebページに反映されないことがありました。おかしいなぁ?と何度もCSSのコードを見直しがミスはない。いろいろ検索していると、mod_pagespeedが原因かもしれないと思い当たりました。mod_pagespeedをオフにすると、すぐに反映されました。ふーっ。やれやれです。変更した内容が反映されるのに時間がかかるのかもしれませんが、すぐに確認したい場合はオフにしないといけません。そのあと、またオンにすればいいのですが。

そして、もう一つ。メインサイト(初心者のためのOffice講座)では、javascriptを使って最終更新日時を自動表示するようにしているのですが。これが、現在時刻が表示されるようになります。Wordpressではなく、ホームページビルダーで作成している静的サイトです。
HTMLファイルの中に↓のように記述しています。
<script type="text/javascript"><!--
document.write( "Last update : " , document.lastModified );
// --></script>

Webページには、下のように表示されます。
a0030830_20550095.gif
最初 気がつかなかったのですよ。でも、あれ?なんかおかしいぞ??といろいろ調べて、やっとmod_pagespeedが原因だと分かったのです。確かめるため、エックスサーバーのサポートへメールで問い合わせたところ、

本件はお客様ご指摘のとおり、mod_pagespeedの仕様上の問題のようでございます。

JavaScriptにて『document.lastModified』を実行した場合、HTTPレスポンスヘッダの「Last-Modified」を参照いたします。

この項目がなければ「Date」を参照するという仕様でございます。

Last-Modified」はアクセスしたファイルの最終更新日、Date」はアクセスした日時を返します。

mod_pagespeed」を有効にした場合、仕様によってHTTPレスポンスヘッダのLast-Modified」が取得できなくなるため、

Date」(現在時刻)が返される、といった状況でございます。

こちらにつきましては現状、

・「mod_pagespeed」を無効にする

・別の方法で更新日時を表示する

いずれかの対応をご検討いただくほかございませんことを

ご了承くださいませ。
とのことでした。

仕方ないですね。mod_pagespeedは、ドメインごとの設定になりますので、オフにしています。

by hama_y | 2016-08-31 21:04 |▲TOPへ

グラフの線の名前
2016年 08月 19日
Excelで作成したグラフに下のような線を追加したい場合があります。各グラフの線の名前を知っておくと、設定方法を検索して探したりするときなど便利ですね。画像はExcel2016です。操作はExcel2013も同じです。

グラフを選択して「デザイン」タブの左端にある「グラフ要素を追加」の「線」をクリックしてメニューの中から選択します。

折れ線グラフの降下線
a0030830_00240003.gif
折れ線グラフの高低線
a0030830_00242265.gif
積み上げ縦棒グラフの区分線
a0030830_00244203.gif
Excel2007、Excel2010では、グラフを選択して「レイアウト」タブの「分析」グループにある「線」の中にあります。
a0030830_00330433.gif

by hama_y | 2016-08-19 00:33 | Excel |▲TOPへ

PDFの編集はWordで
2016年 08月 14日
Word2013から、PDFファイルの編集ができるようになっています。
100%ではないですが、文字認識ができるPDFであれば Wordで開いて編集することができます。
下はWord2016ですが、「開く」ボタンをクリックしてPDFファイルを指定します。ファイルの種類は、「すべてのファイル」か「すべてのWord文書」を選択します。そうすると、PDFファイルが現れますので、目的のファイルを選択して「開く」ボタンをクリックして開きます。
PDFはEdgeで開くようにしているので、下のようにアイコンはEdgeのアイコンになっています。
a0030830_11492021.gif
下のようなメッセージウィンドウが表示されますが、「OK」ボタンをクリックします。メッセージの内容は以下の通りです。
PDFから編集可能なWord文書に変換します。この処理には、しばらく時間がかかる場合があります。変換すると、Word文書はテキストが編集しやすくなるように最適化されるため、元のPDFとまったく同じ表示にはならない場合があります。特にグラフィックが多く使われている場合に、そうなる可能性が高くなります。
a0030830_11493507.gif
下のようにPDFファイルを開くことができます。
a0030830_11494286.gif
太字にしたり、文字に色を付けたりすることができます。
a0030830_11494871.gif
そして、編集後 再度 PDFとして保存することができます。「ファイルの種類」で「PDF」を選択します。PDFの作成
a0030830_11495436.gif
ただ、ページ罫線で文書の周りを囲ったようなPDFファイルは図として認識されてしまいます。
a0030830_11495954.gif
Word2013でも解説しています。Word2013のPDF編集

by hama_y | 2016-08-14 12:07 | Word |▲TOPへ

警告ポップアップが表示されるようになった
2016年 08月 08日
数日前から、一日に一回ぐらい下のメッセージウィンドウが画面右下にポップアップで表示されるようになりました。
警告!
お使いのコンピュータが危険にされされる可能性があります。
コール:03-5050-1410
緊急技術サポートコールのためすぐにお電話ください。
ちょうどお使いのシステム上にクラッシュしました。
インスタントプレミアムサポートについて今すぐお電話ください。
a0030830_0181513.gif
びっくりしますよね、何か悪いのが入ってしまったんでしょうね。
ポップアップは、閉じるボタンで非表示にできますが、また次の日に表示されると、さすがに腹が立ちます。元を削除しないといけませんね。
検索すると、「Event Monitor」というのを削除すれば良いとのこと。
悪意のある広告の削除 - マイクロソフト コミュニティ
さっそく「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming」を見ると、ありました!
でも、削除しようとすると、実行中のため削除できないとなります。
※以下、実際行ったことですが、同じトラブルでお悩み方が実行される場合は、自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


そこで、画面下にあるタスクバーを右クリックして、タスクマネージャーを起動、
a0030830_09383012.png
バックグラウンドプロセスから該当アプリを終了させました。バックグラウンドプロセスの下のほうを見ていくと「em.exe」が探せると思います。選択してタスクマネージャーの右下にある「タスクの終了」ボタンをクリックです。
a0030830_09421346.png
そして、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming」から「Event Monitor」をフォルダごと削除しました。ふーっ。これ以降、警告ウィンドウは二度と表示されることはありません。

こういう場合も隠しファイルは表示できるようにしておいたほうがいいと思いますね。既定は非表示です。エクスプローラーから「隠しファイル」のチェックボックスをオンにしないと、AppDataフォルダは見えませんからね。
a0030830_0261878.gif
以下の記事が参考になると思います。



by hama_y | 2016-08-08 00:34 | Windows |▲TOPへ

Windows10のAnniversary Updateを実行しようとしたら互換性がありませんと表示されたが解決した
2016年 08月 06日
1台のデスクトップパソコン(DELL)で、Windows10のAnniversary Updateを実行しようとしたら、下のような画面が表示されて進めなくなってしまいました。レッツノートPCでは、すんなりアップデートできたのに。。。(>_<)
「このPCはWindows 10を実行できません」
CPU:OK、メモリ:OK、ディスク領域:OK
ディスプレイ:このディスプレイには、Windows 10との互換性がありません。製造元に問い合わせてサポートを受けてください。
a0030830_15180850.gif
この画面のためにかなり悩みました。で、結局は解決できたのですが。。。この表現はまずいのでは?と思う次第です。

まず、手動でアップデートする方法です。
スタートメニューから「設定」をクリックして「更新とセキュリティ」をクリック、「Windows Update」から「詳細情報」をクリックします。下の画像は、アップデートした後の画像なので、少し違うとこがあるかもしれませんが、「詳細情報」はあると思います。検索ボックスに「update」と入力しても、下のウィンドウを表示することができます。
a0030830_15281298.gif
MicrosoftのWindows10の更新履歴ページが開きます。
「Anniversary Updateを入手する」をクリックします。
a0030830_20185274.gif
「Windows10アップグレードアシスタント」というショートカットがデスクトップに作成されます。
a0030830_15325304.gif
これを実行すると「Windows10の最新バージョンへの更新」が表示されます。「このPCではバージョン10586が実行されています。最新バージョンは14393です。」と記されています。「今すぐ更新」ボタンをクリックします。
a0030830_15335658.gif
この後、「このPCはWindows10を実行できません」の画面が表示されたわけです。☆=>=>=>(+_+。) ガーンですよ!!いったい何が悪いのか?ディスプレイドライバーも最新になっています。たまたまこの日、ヨドバシへ行ったので、お兄ちゃんに「Annivarsary Updateを実行しようとしたら、このディスプレイには、Windows10との互換性がありませんと表示されたんだけど。。。」と相談したら、「それは、ディスプレイじゃないと思います。パソコンメーカーが対応できるまで待つしかないでしょう。」と。うーん???
a0030830_15180850.gif
ここから私が解決した事例です。あくまで参考にしてください。デバイスマネージャーを見ると、下のようになっています。アップデートが成功したレッツノートには「BB Capture Driver」というのがありません。これなんだろうとプロパティから確認すると、BB Flashbackで使用しているものだということがわかりました。BB Flashbackをアップデートして最頻の状態にしたのですが、変わらずでした。
a0030830_19512207.gif
何か情報がないかなとネットで検索すると、下のページがヒットしました。おお!アンインストールすればいいらしい!朗報です。
更新アシスタントの「このディスプレイには、Windows10との互換性がありません。」 - マイクロソフト コミュニティ
さっそく、BB Flashbackをアンインストールして、再度 「Windows10アップグレードアシスタント」を実行して、「今すぐ更新」ボタンをクリックします。すると、今度は、下のようになりました。赤いエラーは表示されていません。「次へ」のボタンをクリックします。
a0030830_20012791.gif
「更新プログラムを準備しています」という画面に変わりました。「気に入らなかった場合は、簡単に元にもどすことができます。」と記されていますが、なんだか心配です。結構な時間がかかります。
a0030830_20034225.gif
「更新プログラムの準備ができました。更新を完了するには、PCを再起動する必要があります。」という画面が表示されて、再起動します。
a0030830_20062173.gif
バージョンを確認すると、下のようになっています。バージョンの確認方法は、Windows10バージョン確認方法で紹介しています。やれやれです。
a0030830_20101356.gif
BB Flasfbackですが、Windows10のアップデートをした後、再度 インストールして使ってます。問題なさそうです。 
「このPCはWindows10を実行できません」「このディスプレイには、Windows10との互換性がありません。製造元に問い合わせてサポートを受けてください。」のメッセージに悩まされる人は多いのでは?と危惧しています。

by hama_y | 2016-08-06 15:44 | Windows |▲TOPへ

Anniversary Updateをしたらスタートメニューが変わった
2016年 08月 06日
Windows10のAnniversary Updateを実施すると、スタートメニューがちょっと変わります。使いづらいということはないです。「エクスプローラー」「設定」「電源」ボタンが左端の列に並びます。
a0030830_14590025.gif
Anniversary Updateをする前は、メニューの一番下に並んでいました。
a0030830_11153210.gif
Anniversary Updateをしたら、クイックアシストが使用できるようになります。これによって、トラブルは早期に解決できるようになると思います。

by hama_y | 2016-08-06 11:17 | Windows |▲TOPへ

付箋はSticky Notesに
2016年 08月 05日
昨日、Windows10(レッツノート)をアップデートしました。Anniversary Updateですね。バージョンは1607になりました。
a0030830_12191648.gif

これまで、「Windows アクセサリ」の中にあった「付箋」が見当たらず、びっくりしました。
「付箋」は「Sticky Notes」という名前に変わったようです。
a0030830_12223662.gif

右上に「メニュー」があり、
a0030830_12272069.gif

それをクリックして、カラーを変更することができます。
a0030830_12273162.gif

Windows10のSticky Notesについては、以下の記事で解説しています。

by hama_y | 2016-08-05 12:27 | Windows |▲TOPへ




パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
テキストボックス内で再変換す..
at 2017-11-10 22:04
Accessのナビゲーション..
at 2017-11-06 15:46
表の位置をスライドの中央に表..
at 2017-10-11 16:07
クイックアクセスツールバーに..
at 2017-10-11 15:02
Windows10のIMEで..
at 2017-09-10 10:08
Systemによってファイル..
at 2017-08-24 12:32
Windows10のIMEに..
at 2017-08-24 11:49
新規ブックのワークシート数
at 2017-08-11 20:27
表の縞模様ダイアログボックス..
at 2017-08-10 23:53
Windows10でWi-F..
at 2017-07-17 18:02
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
検索
外部リンク