hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|▲TOPへ

既定のメールクライアントが設定されていないか、または…のメッセージが消えない
2017年 06月 27日
Windows10のマシンでOffice2016を使用していたのですが、ちょっと事情があって、数日前にOffice2016をアンインストールして、Office2013に入れ替えました。
Outlook2016を使っていたのですが、入れ替えたことで、もちろんOutlookも2013になりました。

スムーズに行ったはずだったのですが、再起動するたびに下のポップアップが表示されるようになりました。
既定のメールクライアントが設定されていないか、または現在使用されているメールクライアントがメッセージングの要求を実行することができません。Microsoft Outlook を実行して、既定のメールクライアントとして設定してください。
「OK」ボタンを押すとメッセージウィンドウは消えます。メール自体に問題はないのですが、起動するたびに毎回表示されると、やっぱり目障りですし面倒です。
a0030830_17020506.png
やれやれと、メッセージどおりに規定のメールクライアントの設定をしました。
既定は「Google Chrome」になっていたので、「Outlook」に変更しました。
a0030830_16511513.png
設定方法は、以下のとおりです。

これでメッセージは表示されなくなったと思ったのですが、再起動すると、消えてない!!
では、ということで検索すると、たくさんヒットしました。
以下の記事は、同じトラブルです。
上記、記事で紹介されていたので、IMEのプロパティからOutlookの辞書を削除するという方法です。ほーーーっ!!
マイクロソフトコミュニティで紹介されていたようです。
以下、実際 行ったことです。もし、同じトラブルでお悩みの方は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


上記の記事とOSのバージョンや、Officeのバージョンも違いますが、実行してみました。結果から先に言うと、この方法でメッセージを消すことができませんでした。

タスクバーのIMEで右クリックして、ショートカットメニューから[追加辞書サービス]→[辞書の設定]をクリックします。
a0030830_17150101.gif

「Microsoft IME の詳細設定」ダイアログボックスが表示されます。私の環境では、以下のようになっていました。
a0030830_17170394.png
「システム辞書」の中にある「 Outlook 連絡先辞書(姓)」と「Outlook 連絡先辞書(名)」を削除します。まず、「 Outlook 連絡先辞書(姓)」を選択して「削除」ボタンをクリックします。「確認」メッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。
a0030830_17184613.png
この後、またメッセージウィンドウが表示されますが、「OK」ボタンをクリックします。
a0030830_17220411.png
同じように「Outlook 連絡先辞書(名)」も削除します。下のようになります。「OK」ボタンをクリックして、「Microsoft IME の詳細設定」を閉じます。
a0030830_17235618.png
これで、大丈夫だろうと、再起動したら、メッセージが表示されました!!☆=>=>=>(+_+。) ガーン

が、シャットダウンして起動すると、一度はメッセージが非表示になったのですが、また表示されてしまいました。(_□_;)!!

では、ということで、以下の情報をみて Office2013の修復を行ってみました。多少、時間がかかります。結局、これで解決しました。

「スタート」ボタンをクリックして「設定」ボタンをクリックします。
a0030830_18243340.png
そして、「アプリ」をクリックします。
a0030830_18272101.png
「アプリと機能」から「Microsoft Office2013」を探してクリックします。そして「変更」をクリックします。
a0030830_18302568.png
「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というウィンドウが表示されたら、「はい」をクリックします。
すると、次のウィンドウが表示されますので、「修復」を選択して「続行」ボタンをクリックします。完了するまで少し時間がかかります。
a0030830_18310358.png

Officeの修復だけで直ったかもしれませんし、「IMEの辞書からOutlook辞書の削除」と「Officeの修復」の両方を行わなければいけなかったのかは分かりません。
これ以降、ポップアップウィンドウが表示されることはなくなりました。
最近、ちょこちょここういった不具合に時間を取られてます。

by hama_y | 2017-06-27 18:45 | Outlook |▲TOPへ

ゴールシークのボタンの位置
2017年 06月 24日
Excelのゴールシークは、分析ツールの中でもよく知られている、またよく使われてるいる機能だと思います。

以下の記事は、Excel2016でゴールシークの解説をしていますが、機能としては昔からある機能です。ただ、Excelのバージョンによってボタンの位置は変わっています。


ゴールシークのボタンは、Excel2007以降は「What-If 分析」の中にあるのですが、Excel2007とExcel2010、Excel2013では、「データ」タブの「データツール」グループにあります。Excek2016では、「データ」タブの「予測」グループの中にあります。

お使いのExcelのバージョンが分からない場合は、以下の記事を参照されてください。Office2003からOffice2016までのバージョンの確認方法を解説しています。



【Excel2003】「ツール」メニューの中にあります。
a0030830_09461434.gif
【Excel2007】「データ」タブの「データツール」グループの「What-If 分析」の中にあります。
a0030830_09472153.gif
【Excel2010】「データ」タブの「データツール」グループの「What-If 分析」の中にあります。
a0030830_09500894.gif
a0030830_09501788.gif

【Excel2013】「データ」タブの「データツール」グループの「What-If 分析」の中にあります。
a0030830_16154738.png
a0030830_16160193.png

【Excel2016】「データ」タブの「予測」グループの「What-If 分析」の中にあります。
a0030830_16162600.png
a0030830_16163735.png


by hama_y | 2017-06-24 09:53 | Excel |▲TOPへ

IMEのシステム辞書の[標準拡張辞書]は消え[標準統合辞書]へ
2017年 06月 14日
Windows10のIMEの質問があり、久しぶりに言語バーのプロパティから「Microsoft IMEの詳細設定」を見てみると、なんかシステム辞書がスッキリしてるような。。。。
※Outlookを使っている場合は、Outlook 連絡先辞書が表示されます。
a0030830_20301989.png
Outlookを使っていない場合は、以下のようになっています。
a0030830_20314638.png

従来のシステム辞書は、以下のとおりです。「標準拡張辞書」というのがあったんですね。今日気がついたのですが、システム辞書には「標準拡張辞書」が消えていました。
a0030830_20281859.gif
その代わりに、「標準統合辞書」という新しい辞書が入っていました。「辞書の情報」をクリックすると、
a0030830_20393169.png
下のように記されています。
「この辞書は、Microsoft(R) IMEの標準統合辞書です。
この辞書は、従来の標準辞書および標準拡張辞書(最新語辞書、人名地名辞書、カタカナ英語辞書、記号辞書、顔文字辞書)を統合し、さらに語彙を強化したものです。」
a0030830_20395259.png

いつの間に統合されちゃったんでしょうね。

これが原因かどうかは分かりませんが、「顔文字が表示されなくなった」とか、「変換候補の文字が少なくなった」という声を聞くことがあります。
以下の方法で設定すると解決することがあります。



by hama_y | 2017-06-14 20:45 | IME |▲TOPへ

ピボットテーブルのフィールドリストを移動させてもテーブルに反映されないとき
2017年 06月 11日
Excelでピボットテーブルを作成して、フィールドリストを行や列へ移動させて、レイアウトを試行錯誤していたけど、なぜかフィールドリストをボックス間で移動させても何も変化しなくなったという質問を受けました。

たとえば、下のようなピボットテーブルを作成したとします。ここでは、列の「店舗名」を行へ、行の「機種」を列へドラッグで移動させます。
a0030830_21142694.png
通常は、変更した内容がすぐにピボットテーブルに反映されます。
a0030830_21154441.png
が、変化するはずのピボットが全く反応しないということなんですね。
a0030830_21163801.png
こういう現象になったときは、ピボットテーブルのフィールドの下方にある「レイアウトの更新を保留する」のチェックボックスがオンになっていないか確認してください。既定ではオフです。
ここのチェックボックスをオンにした場合は、右となりにある「更新」ボタンをクリックすることでレイアウトが更新されます。
a0030830_21191049.png
このチェックボックスは、レイアウトの更新を手動に切り替えることができるんですね。

Microsoftのサポートをリンクしておきます。



by hama_y | 2017-06-11 21:22 | Excel |▲TOPへ

ピボットテーブルの日付のグループ化を無効にするには
2017年 06月 03日
Excel2016では、ピボットテーブルを作成したときの日付のグループ化が自動的に設定されるようになりました。

この日付のグループ化を無効にする方法です。Excelのオプションから設定することができます。
「ファイル」タブをクリックして、左側のメニューから「オプション」をクリックします。
[Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されます。「詳細設定」カテゴリーの「データ」にある「ピボットテーブルで日付/時刻列の自動グループ化を無効にする」のチェックボックスをオンにして、「OK」ボタンをクリックします。
a0030830_14110787.png
これで日付の自動グループ化は無効になります。


ピボットテーブルの日付のグループ化は、「できない!?」と言われる方が多いです。以下の記事で解決できるかもしれません。

by hama_y | 2017-06-03 14:13 | Excel |▲TOPへ




パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
テキストボックス内で再変換す..
at 2017-11-10 22:04
Accessのナビゲーション..
at 2017-11-06 15:46
表の位置をスライドの中央に表..
at 2017-10-11 16:07
クイックアクセスツールバーに..
at 2017-10-11 15:02
Windows10のIMEで..
at 2017-09-10 10:08
Systemによってファイル..
at 2017-08-24 12:32
Windows10のIMEに..
at 2017-08-24 11:49
新規ブックのワークシート数
at 2017-08-11 20:27
表の縞模様ダイアログボックス..
at 2017-08-10 23:53
Windows10でWi-F..
at 2017-07-17 18:02
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
検索
外部リンク