hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
貼り付け直後の右下の「貼り付けのオプション」が表示されないときに解決した方法
2021年 12月 02日
Wordで「Ctrl」+「V」で貼り付けた後に、右下に表示されるはずの「貼り付けのオプション」が表示されないことに気が付きました。

「Wordのオプション」の「詳細設定」にある「コンテンツを貼り付けるときに[貼り付けオプション]ボタンを表示する」の設定はオンになっています。
貼り付け直後の右下の「貼り付けのオプション」が表示されないときに解決した方法_a0030830_16071568.png

設定はオンになっているのに、「貼り付けのオプション」ボタンが表示されないのです。
Excelと、PowerPointでは問題ありません。なぜかWordのみ表示されません。
貼り付け直後の右下の「貼り付けのオプション」が表示されないときに解決した方法_a0030830_16111949.png
Windows 10、Word2019です。もう一台の、Windows 10、Word2016のパソコンでも同じ現象です。

以前、Windows 10のクリップボードを同期していたことが原因で、Excelでコピーすると点線の枠がすぐ消えるということがありました。
今回もまた、クリップボードが原因かしらと、データをクリアしてみました。
すると、3回に1回ほどは、「貼り付けのオプション」ボタンが表示されるようになりました。
でも、常に表示されるわけではありません。

ふと、持ち出し用のノートパソコンで試すと、表示されました。

何が違うのだろうと考えていたのですが、ふと思いつき、「Mouse without Borders」からExcitしてみました。
そうすると、常に表示されるようになりました!!

「Mouse without Borders」は、複数台のパソコン間で、マウスとキーボード を共有できるようにするソフトウェアです。


貼り付け直後の右下の「貼り付けのオプション」が表示されないときに解決した方法_a0030830_16295132.png
原因が分かれば、スッキリです。
「Mouse without Borders」をインストールしていたもう一台もパソコンも、オフにすると「貼り付けのオプション」は表示されるようになりました。

貼り付けオプションの表示/非表示について


貼り付けオプションのボタンは、オプションの設定で表示、非表示の設定ができますが、Excel、PowerPointと連動します。

各アプリケーションに設定があるので、各アプリケーションごとの設定だと思いがちですが、この設定は、1つのアプリケーションで設定すると、ほかのアプリケーションも連動します。

以下は、Excel2019のオプションと、PowerPointのオプションです。
貼り付け直後の右下の「貼り付けのオプション」が表示されないときに解決した方法_a0030830_16364110.png
貼り付け直後の右下の「貼り付けのオプション」が表示されないときに解決した方法_a0030830_16370571.png
Excelで「コンテンツを貼り付けるときに[貼り付けオプション]ボタンを表示する」をオフにすると、「オートフィルオプション」も非表示になります。
貼り付け直後の右下の「貼り付けのオプション」が表示されないときに解決した方法_a0030830_16415607.png
Excel2013以降でクイック分析をオン(既定)にしている場合は、オートフィルオプションの代わりに「クイック分析」が表示されるようになります。
貼り付け直後の右下の「貼り付けのオプション」が表示されないときに解決した方法_a0030830_10545766.png

以下の記事で解説しています。


# by hama_y | 2021-12-02 16:44 | Word |▲TOPへ

ミニツールバーのコマンドが増えて大きくなった
2021年 10月 25日
Word2016、2019とPowerPoint2016、2019のミニツールバーがコマンドが増えて、横へ長くなってます。

どのバージョンから変わったのかは、確かではありませんが、「バージョン 2109(ビルド 14430.20234)」で気が付きました。

Excelのミニツールバーは変わってないようです。

Wordのミニツールバー

以下は、Word2019で文字列をドラッグした時のミニツールバーです。
少し前までは、「スタイル」までだったと思います。
ミニツールバーのコマンドが増えて大きくなった_a0030830_20334651.png
表で右クリックした時のミニツールバーも、大きくなっています。前は、「新しいコメント」までだったのですが。
ミニツールバーのコマンドが増えて大きくなった_a0030830_20364067.png

PowerPointのミニツールバー

以下は、PowerPointで文字列をドラッグしたときのミニツールバーです。
ミニツールバーのコマンドが増えて大きくなった_a0030830_20442082.png
スライドに表で右クリックした時のミニツールバーです。
ミニツールバーのコマンドが増えて大きくなった_a0030830_20503240.png

ミニツールバーの非表示設定

ミニツールバーは、オプションの設定で非表示設定ができます。

「オプション」ダイアログボックスは、以下の短縮キーを使うと便利です。
キーボードから「Alt」→「T」→「O」の順に押すと、表示できます。
ミニツールバーのコマンドが増えて大きくなった_a0030830_20595113.png
どのアプリケーションにもありますが、ここでは「Wordのオプション」ダイアログボックスで解説します。

「全般」タブの「選択時にミニツールバーを表示する」のチェックボックスをオフにして、「OK」ボタンをクリックして閉じます。
ミニツールバーのコマンドが増えて大きくなった_a0030830_20565693.png
ただ、設定にもあるように、選択時のミニツールバーは非表示になりますが、右クリック時のミニツールバーは表示されます。

ミニツールバーは、リボンまでマウスを移動させることなく、コマンドを選択して実行できて便利なのですが、ちょっと大きすぎる気がします。

Wordの表のミニツールバーは、Word2010→2013→2016になるときもコマンドが増えています。
ミニツールバーの非表示設定については、以下の記事で解説しています。


# by hama_y | 2021-10-25 21:13 | Word |▲TOPへ

オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更
2021年 10月 08日
Office2016、Office2019、Microsoft365のオプションダイアログボックスの「簡単操作」が「アクセシビリティ」という表記に変更されています。
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_15394548.png
気がついたのは、バージョン2109ですが、どのバージョンから変わったかは分かりません。
バージョン2109(ビルド 14430.20234)の機能紹介で、アクセシビリティについて記されているので、もしかしたら、このバージョンからかもしれません。
最新チャネル リリースのリリース ノート - Office release notes | Microsoft Docs
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_15395876.png

「Excelのオプション」ダイアログボックスの「アクセシビリティ」タブです。

Excel2019、2016、365も同じです。
以下の画像は、Excel2019です。
「操作アニメーションをオフにする」設定や、アプリケーションの表示オプション、ドキュメント表示オプションなどは、必要であれば設定してください。
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_15382254.png

「Wordのオプション」ダイアログボックスの「アクセシビリティ」タブです。

2019、365とも同じです。
以下の画像は、Word2019です。
Wordにもアニメーションをオフにする設定があります。
Windows側の設定で操作しないと、オフにはできないようです。

Word2016には、「代替テキストの自動生成」はありません。
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_15505668.png

「PowerPointのオプション」ダイアログボックスの「アクセシビリティ」タブです。

2019、365とも同じです。
以下は、PowerPoint2019です。

PowerPoint2016には、「代替テキストの自動生成」はありません。
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_15522961.png

「Outlookのオプション」ダイアログボックスの「アクセシビリティ」タブです。

「音声読み上げの表示」をオン/オフにする設定があります。


以下の画像は、Outlook2019です。

また、Outlook2016にはないのですが、Outlook2019と365には、「メッセージで@記号を使用した場合にメンションする名前の候補を表示する(Outlookの再起動が必要)」という項目があります。

「代替テキストの自動生成」は、Outlook2016にもあります。
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_15531027.png
Microsoft 365 のOutlookです。「アクセシビリティチェックのオプション」というのがあります。
Outlookのオプションの違いは、Exchangeを使用しているかどうかの違いかもしれません。
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_17202047.png

「アクセシビリティ」の設定は、Backstageビューから「オプション」をクリックして表示する以外に、「校閲」タブの「アクセシビリティ」グループにある「アクセシビリティチェック」-「オプション:アクセシビリティ」から表示することもできます。
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_16091094.png
アクセシビリティチェックを実行して、エラーや警告を解決する方法については、以下の記事で解説しています。
オプションの「アクセシビリティ」タブの「作業中にアクセシビリティチェックを実行する」をオンにすると、
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_16123102.png
ステータスバーにメッセージが表示されるようになります。
メッセージをクリックすると、「作業ウィンドウ」にエラーや警告の内容が表示されます。
オプションの「簡単操作」は「アクセシビリティ」の表記に変更_a0030830_16141174.png




パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
4Kも無料の動画素材サイト【動画AC】
記事ランキング
最新の記事
貼り付け直後の右下の「貼り付..
at 2021-12-02 16:44
ミニツールバーのコマンドが増..
at 2021-10-25 21:13
オプションの「簡単操作」は「..
at 2021-10-08 16:19
クイックアクセスツールバーの..
at 2021-10-04 09:26
ステータスバーの「合計」など..
at 2021-09-17 14:53
検索
外部リンク
連絡先
問い合わせ