hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
B列のセルが空白ならばA列のセルに塗りつぶしを設定したい
2010年 07月 02日
世の中、Office2003はまだまだ健在ですねぇーー

Excel2003で、隣のセルが空白ならばセルに色をつけたいとのこと。
条件付き書式を使うというのは、わかっていらっしゃったようですが・・・・

以下のようにA列に番号がふられています。
B列の空白セルのとなりにあるA列のセルには色をつける方法です。
B列のセルが空白ならばA列のセルに塗りつぶしを設定したい_a0030830_732173.gif

A列の色をつけたい範囲を選択します。
メニューバーの「書式」から「条件付き書式」をクリックします。
B列のセルが空白ならばA列のセルに塗りつぶしを設定したい_a0030830_732836.gif

「条件付き書式の設定」ダイアログボックスが表示されます。
「数式が」を選択し、数式ボックスに「=$B1=""」と入力します。この場合は「=B1=""」でもかまいません。

「書式」ボタンをクリックします。
B列のセルが空白ならばA列のセルに塗りつぶしを設定したい_a0030830_733850.gif

目的の色を選択して、設定します。
B列のセルが空白ならばA列のセルに塗りつぶしを設定したい_a0030830_734339.gif

「OK」ボタンをクリックすると、目的どおりですね。
B列のセルが空白ならばA列のセルに塗りつぶしを設定したい_a0030830_735578.gif
上記でルールの数式を「=$B1=""」としておくと、条件付き書式の適用先を「A1」から「B5」にすると、A列とB列のセルに書式が設定されます。

もし、B列だけでなく、B列からD列までデータ範囲があって、1つでも空白あるならばという条件にしたい場合は、数式を以下のように修正します。

=OR($B2:$D2="")

反対に行すべてが空白の場合に書式設定したいのであれば、以下のように修正します。

=AND($B2:$D2="")

OR関数とAND関数を使用した条件付き書式については、以下の記事で解説しています。



Excel2007以降の条件付き書式は面白いです。ぜひ、使ってほしいですね。

以下はExcel2007の条件付き書式のダイアログボックスです。
B列のセルが空白ならばA列のセルに塗りつぶしを設定したい_a0030830_7152477.gif
スポンサーリンク

【条件付き書式】Excel2007以降の条件付き書式の解説です。



<< Office Master 図を挿入/貼り付ける形式 >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
4Kも無料の動画素材サイト【動画AC】
記事ランキング
最新の記事
Bingのホームページをカス..
at 2023-11-24 16:21
画像をセルに配置(挿入した画..
at 2023-11-15 16:54
オプションで「CSVの先頭の..
at 2023-10-31 15:33
ドロップダウンリストにオート..
at 2023-10-31 12:38
「値の貼り付け」のショートカ..
at 2023-09-05 12:05
検索
外部リンク
連絡先
問い合わせ