hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
ドキュメント検査で情報削除後の再入力について
2014年 01月 05日
Office2010には、ドキュメント検査という個人情報などを自動的にチェックして削除する機能があります。(Office2007以降)

このドキュメント検査ですが、一度情報を削除した後、再度 作成者などを入力する場合、注意していただきたいことがあります。

まず、「ファイル」タブをクリックして「BackStageビュー」を開きます。
「情報」の「ドキュメント検査」をクリックします。
ドキュメント検査で情報削除後の再入力について_a0030830_20422384.gif

「検査」ボタンをクリックします。
ドキュメント検査で情報削除後の再入力について_a0030830_20424817.gif

「すべて削除」ボタンをクリックします。
ドキュメント検査で情報削除後の再入力について_a0030830_20431257.gif

「閉じる」ボタンをクリックして「ドキュメント検査」を閉じます。
ドキュメント検査で情報削除後の再入力について_a0030830_20432599.gif

プロパティを確認すると、作成者情報などが削除されています。
再度、ここへ情報を書き込みます。
ドキュメント検査で情報削除後の再入力について_a0030830_20434657.gif

この後、「問題のチェック」にある「これらの情報をファイルに保存できるようにする」をクリックします。
クリックしない場合、プロパティ情報は保存されません。

ドキュメント検査で情報削除後の再入力について_a0030830_2044371.gif

クリック後、↓のようになったことを確認してファイルを閉じます。
ドキュメント検査で情報削除後の再入力について_a0030830_20442238.gif


サイトでも解説しています。



<< GoogleカレンダーはIE9... コピー・貼り付け機能の変遷 >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
4Kも無料の動画素材サイト【動画AC】
記事ランキング
最新の記事
Office2021の外観が..
at 2023-01-28 08:59
「スタイル」ウィンドウと「編..
at 2023-01-01 20:12
365のPowerPoint..
at 2022-12-14 15:56
条件付き書式の書式設定「塗り..
at 2022-11-07 18:14
「条件付き書式ルールの管理」..
at 2022-11-03 22:49
検索
外部リンク
連絡先
問い合わせ