hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
ユーザー定義の表示形式
2005年 08月 22日
セルの数値や文字列の表示形式を変更したい場合、「セルの書式設定」ダイアログボックスの「表示形式」で変更することができます。

表示形式を変更したいセルを選択して、右クリック。ショートカットメニューの中から「セルの書式設定」をクリック。「セルの書式設定」ダイアログボックスの「表示形式」タブをクリック。ここで表示形式を変更することができます。
※セルの書式設定ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、「Ctrl」+「1」です。

「通貨」「会計」「日付」などなどたくさん用意されてます。でも、表示したい形式が見つからない場合は、ユーザー定義で指定することができます。
a0030830_23263885.gif
書式記号の意味(主なものだけです)
a0030830_23252495.gif
●セミコロンで区切って書式を4つまで指定

正の数の書式; 負の数の書式; ゼロの書式; 文字列の書式
下のような表示形式にしてみます。
a0030830_23592264.gif

a0030830_002558.gif

結果、下のようになります。
a0030830_2304588.gif

表示形式が一つの場合・・・・正の数、負の数、ゼロの表示に使用
表示形式が二つの場合・・・・最初の書式が正の数とゼロの表示、2番目の書式が負の数の表示
文字列の指定がなければ、文字列データは影響を受けない。
文字列の指定は、表示形式の最後に指定。

●色の指定

「黒」、「青」、「水」、「緑」、「紫」、「赤」、「白」、「黄」 の8つから指定。
セルの書式設定の色より優先される。
[黒];[赤];[青];[紫]と設定してみます。下のようになります。
a0030830_142186.gif
●条件付きの表示形式

比較演算子(<、>、=<、=>、=、<>)を使って条件を満たす場合にのみ表示形式を設定することができる。
条件は3つまで指定。(条件1;条件2;条件なし)
正の数と負の数に対する書式の代わりに指定。
1000以上は「赤」、100未満は「青」、それ以外は「黒」
[赤][>=1000]#,###;[青][<100]#,###;[黒]#,### と設定してみます。

結果、下のようになります。
a0030830_2383989.gif
以下の記事でも、条件を指定して設定する方法を紹介しています。


●数値を非表示にする表示形式

各書式の位置に何も入力せずに;(セミコロン)のみを入力。
下のようにすると、正の数だけ表示して負の数と0は非表示になります。
#,###;;
セルのデータすべてを非表示にする場合は、;;;(セミコロンを3つ)です。

ユーザー定義については、以下の記事も参照してくださいね。



[#,##0]を選択して、お尻に[,,]を追加して[#,##0,,]とします。

ユーザー定義の表示形式って、ものすご~く奥が深いのですよ。(ー。ー)フゥ


by hama_y | 2005-08-22 23:27 | Excel |▲TOPへ

<< 「半角/全角」キーを押しても切... Google Earth >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
Office2016のアイコ..
at 2019-05-06 13:34
タスクバーの日付が新元号「令..
at 2019-05-01 21:57
Office2016のオプシ..
at 2019-03-10 09:41
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 03月
2019年 02月
more...
検索
外部リンク