hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
PowerPoint2016の画面切り替え効果
2016年 06月 05日
PowerPoint2010からPowerPoint2013になったときには、画面の切り替えにいくつか面白いのが追加されていたので、PowerPoint2016にはどんなものがあるかしらと触ってみたのですが、残念なことに追加された画面切り替え効果はないようです。

下は、PowerPoint2016の画面の切り替えです。PowerPoint2013と変わりません。ただOffice 365 サブスクライバーでは、追加された切り替え効果があるようです。
PowerPoint2016の画面切り替え効果_a0030830_13583367.gif

PoqwePoint2013と2016には、下のような切り替え効果があります。「カーテン」、「飛行機」、「折り鶴」です。数年前、某会場のプレゼンで、「カーテン」を見てびっくりした記憶があります。


PowerPoint2019(永続ライセンス)には、[画面切り替え]タブに[変形]という効果が追加されました。
前後に並んでいるスライドの後ろのスライドで[画面切り替え]タブの[変形]を選択すると、前のスライドから次のスライドへ移動するアニメーションを付けることができます。


<< 複数行の挿入 Excel2016の3Dマップ... >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
Microsoft MVP デジタル推進員
記事ランキング
最新の記事
「クイックアクセスにピン留め..
at 2024-05-19 16:36
Windows11のエクスプ..
at 2024-03-09 11:40
Microsoft 365の..
at 2024-03-03 17:31
リセットしても文字の配置はリ..
at 2024-02-27 20:46
Bingのホームページをカス..
at 2023-11-24 16:21
検索
外部リンク
連絡先
問い合わせ