hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
バージョンアップしたら数式エディタが消えた。以前のバージョンに戻すとOK
2018年 01月 13日
Word2016で更新プログラムをアップデートしました。Officeのバージョンは、16.0.8730.2175 になりました。
バージョンは、「ファイル」タブをクリックして、「アカウント」から確認することができます。
a0030830_00174368.png

バージョンアップすると、Wordの数式エディタが消えていました。

数式エディタを使用した箇所をクリックすると、「Microsoft 数式エディターが見つからないため」という下のメッセージウィンドウが表示されます。
a0030830_00200170.png
確かめてみました。
「挿入」タブの「テキスト」グループにある「オブジェクト」をクリックします。
a0030830_00211138.png
「オブジェクトの挿入」ダイアログボックスが表示されます。「Microsoft 数式 3.0」がみつかりません。
a0030830_00230608.png
以前のバージョンには、オブジェクトの中に「Microsoft 数式 3.0」というのがありました。
a0030830_00240330.png
そして、この数式バーを使って、数式を入力することができていました。
a0030830_00253755.png

スポンサーリンク

解決方法です。以前のバージョンにもどします。
バージョンを戻す方法は、Microsoftのページに記されています。コマンドを実行するだけで簡単に戻すことができます。



バージョンは、16.0.8730.2165に戻します。そうすると、「Microsoft 数式 3.0」数式エディタは使用できるようになります

Microsoftでは、この「Microsoft 数式 3.0」数式エディタを使用せずに、以下の数式を使用するように推奨しています。ただ、「Microsoft 数式 3.0」を使って入力したものは、同じ「Microsoft 数式 3.0」でなければ編集することはできません。



更新オプションについては、以下の記事が参考になると思います。
また、以前もこういう問題がありました。この時もバージョンを戻しました。


数式エディター3.0についての詳細は、Microsoftのページを参照してください。


by hama_y | 2018-01-13 00:39 | Word |▲TOPへ

<< ステータスバーに「挿入モード」... 段落罫線枠のようなものが表示さ... >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
Office2016のアイコ..
at 2019-05-06 13:34
タスクバーの日付が新元号「令..
at 2019-05-01 21:57
Office2016のオプシ..
at 2019-03-10 09:41
リンク
カテゴリ
全体
Windows
IME
Office共通
Word
Excel
PowerPoint
Access
Outlook
Internet Explorer
Outlook Express
ホームページビルダー
ATOK
一太郎
筆まめ
筆王
筆ぐるめ
PhotoshopElements
ネットワーク
PCインストラクター
ああ~お客様
(@_@)
iPhone
SharePoint
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 03月
2019年 02月
more...
検索
外部リンク