hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
シリアル値
2006年 06月 12日
Excelでは、1900年1月1日を基準として9999年12月31日まで連続番号が振られていて、「1」から「2958465」までの連続番号がシリアル値として割り当てられているそうです。

セルに「1」と入力して、
・「Ctrl」キーと「1」キーを押す。
・あるいは、右クリックのショートカットメニューから「セルの書式設定」をクリック。
・あるいは、メニューバーの「書式」から「セル」をクリック。

上記のいずれかの方法で「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示させます。
「表示」タブから「日付」を選択すると、サンプルに↓のように表示されます。
シリアル値_a0030830_10343638.gif

もちろん、セルにも↓のように表示されます。
シリアル値_a0030830_1053318.gif

では、「0」と入力して日付表示にしてみると・・・・(ーー;)
シリアル値_a0030830_1036216.gif

「-1」と入力してみると・・・・ご丁寧にありがとう。
シリアル値_a0030830_10373690.gif

「2958466」と入力してみると・・・・↑と同じ(・・?

※シリアル値として割り当ててあるから、日付は数値とみなされて日数計算ができるんですね。

<< 二重下線と二重下線(会計) ふりがなの修正 >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
4Kも無料の動画素材サイト【動画AC】
記事ランキング
最新の記事
貼り付け直後の右下の「貼り付..
at 2021-12-02 16:44
ミニツールバーのコマンドが増..
at 2021-10-25 21:13
オプションの「簡単操作」は「..
at 2021-10-08 16:19
クイックアクセスツールバーの..
at 2021-10-04 09:26
ステータスバーの「合計」など..
at 2021-09-17 14:53
検索
外部リンク
連絡先
問い合わせ