hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
ピボットテーブルを複数シートから作成
2006年 10月 01日
ピボットについては、サイトで解説していますが



複数のワークシートのデータを元に作成することもできます。

たとえば、下のように個人別に売上のシートがあるとします。日付や項目数が違っても構いません。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_14415157.gif

メニューバーの「データ」→「ピボットテーブルとピボットグラフレポート」をクリックします。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_13345528.gif

「複数のワークシート範囲」を選択して、「次へ」をクリックします。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_14112249.gif

「自動」を選択して「次へ」をクリックします。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_14115822.gif

ワークシートの範囲を選択して指定していきます。
「範囲」のテキストボックス内にカーソルがあることを確認したら、
目的のワークシートを開いて、範囲を選択します。
このとき「項目」は含めますが、「総計」欄は選択しません。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_14232279.gif

範囲指定ができたら、「追加」ボタンをクリック。
次に指定するワークシートを選択して同じように範囲選択して「追加」ボタンをクリックします。
目的のワークシートがすべて「範囲指定」の中に表示されたら、「次へ」のボタンをクリックします。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_14252328.gif

ピボットテーブルの作成先を指定します。
「新規のワークシート」を選択して、「完了」ボタンをクリックします。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_14274932.gif

新しいシートにピボットテーブルが作成されました。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_14292848.gif

編集方法については、ピボットテーブルの編集を参照してください。
複数のワークシートから作成すると、ページエリアがすでに作成されていて 各ワークシートが「アイテム」という項目名になっています。
ピボットテーブルを複数シートから作成_a0030830_14403932.gif


また、集計値だけでよければ「統合」という機能を使う方法もあります。


Excel2007以降は、ピボットテーブルウィザードは消えてしまいました。でも、使用できないわけではありません。
以下の記事で解説しています。
複数シートを元にピボットテーブルを作成する場合は、ウィザードを起動して作成できます。


by hama_y | 2006-10-01 13:37 | Excel |▲TOPへ

<< フォルダにパスワード いくつものシートに同じヘッダー... >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
PowerPoint2016..
at 2020-02-14 06:33
条件付き書式設定の塗りつぶし..
at 2020-02-09 23:32
Office2019(永続ラ..
at 2020-02-05 07:34
Officeの2020年1月..
at 2020-01-18 10:46
Word2016/2019で..
at 2019-12-16 10:50
リンク
Microsoft MVP for Office Apps & Services(2019.7-2020.6)
Microsoft MVP for Word (2016.1-2019.6)
Microsoft MVP for Office System (2009.1-2015.12)
問い合わせ
プライバシーポリシー
【サイトとブログ】
初心者のためのOffice講座
はじめてのMac
ヨガと更年期
初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2
初心者のためのOffice講座-SupportingBlog3
はじめてのMac-SupportingBlog
【バージョンの確認】
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法
検索
外部リンク