hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
テーブルの機能
2009年 08月 19日
Excel2007には「テーブル」という機能があります。テーブルについては、テーブルの作成を参照してください。

その中の一つの機能として、先頭行の集計列に関数を入力すると、「Enter」キーを押すだけでテーブル内の残りの行にも同じ関数が入力されます。

以下のようなテーブルがあります。「合計」列に単価と数量をかけた合計の値を求めたいと思います。
セルC2に数式を入力します。
テーブルの機能_a0030830_6565618.gif

「Enter」キーを押すとオートコレクト機能によって一気に数式が入力されます。
テーブルの機能_a0030830_657411.gif


テーブルは設定したいデータ内の一つのセルをアクティブにして、「挿入」タブの「テーブル」をクリックします。
テーブルの機能_a0030830_6571134.gif

「テーブルの作成」ダイアログボックスが表示されますので、変換するデータ範囲を確認して「OK」ボタンをクリックします。
テーブルの機能_a0030830_6571940.gif

データ範囲に名前を付けて、数式を入力すると↓のようになります。
テーブルの機能_a0030830_6572868.gif
テーブルについては、以下の記事でも解説しています。


スライサーの操作

<< メールからリンク先を開けない Webページの背景色 >>



パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
新しい日本語IMEでは「F5..
at 2021-06-20 16:41
スクリーンキーボードで日本語..
at 2021-06-20 15:59
Microsoft Edge..
at 2021-05-30 11:44
新日本語IMEでは「ふりがな..
at 2021-05-27 12:10
Wordの原稿用紙で途中の線..
at 2021-05-15 16:42
リンク
検索
外部リンク