hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
カテゴリ:Office共通( 172 )
|▲TOPへ

Officeの2020年1月の更新アップデートには注意
2020年 01月 18日
昨日のことです。Windows10(バージョン1909)にインストールしているOffice2016(Access2016)を起動しようとすると、起動できなくて。。。

いやぁー、びっくりしました。(@_@)

その一連の流れを記しておきます。
結果として、Officeを再インストールしなければなりませんでした。

Excelを起動します。
以下の画像が表示されます。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_09470455.png
しばらくすると、今度は以下の「アプリケーションエラー」というメッセージウィンドウが表示されます。
アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000142)。[OK]をクリックしてアプリケーションを閉じてください。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_09571783.png
「OK」ボタンをクリックして閉じます。
エラーコード「0cx0000142」で検索すると、以下のページがヒットしたけど、そもそもOfficeが起動できないのに...
どこだったか、オンライン修復をすればよいという情報があったので、
Windows10の設定から[アプリと機能]を開いて、「MicrosoftOffice」を選択して「変更」をクリックします。
これを見ると、「2020/01/12」に更新されたようですね。バージョンは、「16.0.12325.20288」になっています。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10102109.png
次に以下のウィンドウが表示されるので、「オンライン修復」を選択して、「修復」をクリックします。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10084124.png
次のウィンドウでも「修復」ボタンをクリックします。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10155198.png
オンライン修復が始まり「Officeを修復中」が表示されます。(これで終わると思ったのですが...。)
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10171638.png
すると、今度は「問題が発生しました」という以下のメッセージが表示されます。
エラーコードは「30010-4」です。
「詳細なヘルプについては、オンラインで検索してください。」がリンクされているので、そこをクリックします。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10182623.png
すると、以下のページが表示されます。

エラー 30010-4 が表示される場合は、問題を解決するために以下の操作を試してください。 解決策は最も一般的なものから示していますので、この順に試してください。
上記のページに1番目に「コンピューターを再起動します。」とあるので、再起動しました。

再起動すると、なんとアイコンが真っ白!
もしやと思って、Windows10の「設定」から「アプリと機能」を確認すると、「Microsoft Office」がない!消えてました!!
仕方なく、Office2016を再インストールしました。

Excelを起動すると、プロダクトキーの入力を求められるので、プロダクトキーを入力して、やっと使えるようになりました。

「ファイル」タブをクリックして「アカウント」を表示して、バージョンを確認すると、バージョン「16.0.4266.1003」になっていました。

これまでの更新アップデートで追加された機能はもちろん使えません。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10303434.png
アップデートして、また不具合が出ると困るなぁと思ったのですが、これまで便利に使っていた機能は使いたいし。。。

悩んで、先ほどアップデートを実行しました。
「更新オプション」をクリックして、「今すぐ更新」をクリックします。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10315140.png
バージョン1912(ビルド 12325.20298)になっています。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10333852.png
Windows10の「アプリと機能」をみると、「16.0.12325.20298」となっています。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_10403466.png
バージョン「16.0.12325.20288」に問題があったんでしょうかね。

今のところ、不具合はなさそうです。

ちなみに、Windows10(バージョン1809)にOffice2019をインストールしている環境では、バージョン「20288」でも問題ありません。
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_12233570.png
Officeの2020年1月の更新アップデートには注意_a0030830_12245410.png
それにしても、いろいろありますねぇーー

Windows10のバージョン確認と、Officeのバージョン確認については、以下の記事で解説しています。


by hama_y | 2020-01-18 10:46 | Office共通 |▲TOPへ

Office2016とOffice2019のタブ名が元に戻った(「ツール」タブが復活)
2019年 08月 30日
Office2016とoffice2019のタブ名が最近、また従来の「ツール」が表示される形に変わったようです。もとに戻ったということでしょうか?

ツイッターの投稿で知ったのですが。

実際、我が家のOffice2016とOfficeで試してみました。戻ってました!!いつからなのかは分かりませんが。

以下が一部のタブ表示が変わったということを記した記事です。2019年7月2日に投稿しています。
今日(2019年8月30日)のタブです。Office2016もOffice2019も「ツール」タブが復活しています。

以下は、Word2016で画像を挿入したときのタブです。「図ツール」-「書式」となっています。
Office2016とOffice2019のタブ名が元に戻った(「ツール」タブが復活)_a0030830_12173028.png
Word2019で画像を挿入したときのタブです。「図ツール」-「書式」となっています。
Office2016とOffice2019のタブ名が元に戻った(「ツール」タブが復活)_a0030830_18342398.png
以下はExcel2019ですが、ピボットテーブルのタブや、グラフでも「ツール」タブが復活しています。
Office2016とOffice2019のタブ名が元に戻った(「ツール」タブが復活)_a0030830_12173089.png
Office2016とOffice2019のタブ名が元に戻った(「ツール」タブが復活)_a0030830_12173065.png
Office2016とOffice2019のバージョンは、どちらも以下のとおりです。Officeは永続ライセンス版です。

バージョン 1908(ビルド 11929.20254)です。

Office2016とOffice2019のタブ名が元に戻った(「ツール」タブが復活)_a0030830_12173035.png
Office2016とOffice2019のタブ名が元に戻った(「ツール」タブが復活)_a0030830_12173078.png
「ツール」タブが復活したのは、実際は、もう少し前のバージョンからかもしれません。

Officeのバージョンを確認する方法は、以下の記事で解説しています。


by hama_y | 2019-08-30 12:30 | Office共通 |▲TOPへ

Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!
2019年 07月 02日
つい最近、気がついたのですが、Office2016(永続ライセンス)の一部のタブ名が変わってます。
このまま変わるのか?、何かの間違いなのか分かりませんが、記しておきます。
不思議なのが、Office2019(永続ライセンス)は変わっていません。(・・?

Office2016もOffice2019もバージョンは、同じです。
バージョン 1905(ビルド 11629.20246 クイック実行)

気がついたのは、2019/6/30です。
Word2016を起動して、画像を挿入したときです。画像を選択したときのタブが[図の形式]になっていたのです。
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_10324653.png
えっ?と思って、Word2019で確認すると従来のままです。[図ツール]-[書式]タブになっています。
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_10462016.png

どうもWindows10 バージョン1903の追加の更新プログラムが完了してからだと思うのですが、(´ヘ`;) う~ん・・・
関係ないのかもしれませんが。
Windows10がバージョン1903になったのは、しばらく前です。
今、Office2016をインストールしているWindows10のバージョンは、1903 OSビルド 18362.175 です。

他、変わったと気がついたタブです。
図形を挿入したときは、[図形の書式]タブになっています。Excel2016もPowerPoint2016も同じです。
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_10522295.png
以下は、Excel2016ですが、グラフやピボットテーブルでも変わっています。
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_10552632.png
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_10552535.png
試しにOffice2016とOffice2019を更新してみました。
「Office2016」も「Office2019」も、バージョン 1906(ビルド 11727.20230)になりました。

Officeのバージョンを確認する方法は、以下の記事で解説しています。
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_11000281.png
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_11020067.png
しかし、変わりません。Office2016は、タブ名が変わっていますが、Office2019は変わっていません。Office2019には、「ツール」タブがあります。

追記:2019/07/06
Office2019のタブ名も変わりました!!以下は、Word2019です。
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_20424979.png

ちなみに、Office2016の「更新オプション」から「今すぐ更新」をクリックして実行したら、アイコンが白くなってしまいました。(◎_◎;)
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_11112447.png
「プログラムの機能」から「クイック修復」を実行したら元に戻りましたが。

追記:2019/8/30
タブ名に「ツール」が復活しています。バージョン 1908(ビルド 11929.20254)



1つ気になるのが、Office2016は「バージョン情報」をクリックすると、「Office365」の文字があるんですね。
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_11255190.png
これは、バージョン 1904(ビルド 11601.20144)からです。アイコンが変わったときからです。
以下の記事に記しています。


Office2019には、「2019」の文字があるんですが。(´ヘ`;) う~ん・・・
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_11313861.png
Office2016のバージョン情報の表記が変わりました。いつのバージョンで変わったのかは分かりません。(2019/08/05 追記)
Office2016とOffice2019の一部のタブ名が変わった?!_a0030830_10164551.png

by hama_y | 2019-07-02 11:36 | Office共通 |▲TOPへ

Office2016のアイコンが変わった!
2019年 05月 06日
Office2016のアイコンが変わりました。以下は、スタートにピン留めしたOffice2016のアイコンです。
Accessは変わっていないようです。

気が付いたのは、2019/5/2の午前中です。パソコンで操作していると、アイコンが真っ白になる現象が2度ほど続いて、以下の画像のアイコンになりました。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_12425022.png
Officeのバージョンは、1904(ビルド 11601.20144)です。Office2016は、永続ライセンス版です。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_13084183.png
ただ、「バージョン情報」をクリックすると、「Word for Office 365のバージョン情報」となっています。変ですね!!
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_21511700.png

Office2016のバージョン情報の表記が変わりました。いつのバージョンで変わったのかは分かりません。(2019/08/05 追記)
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_10164551.png
デスクトップに保存したExcel、Word、PowerPointの各ファイルです。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_12470329.png
PowerPointは既定では、以下のようになります。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_12494213.png
PowerPointでは、縮小版を保存するのが既定になっているからです。
プロパティでチェックを外すと、WordやExcelと同じようになります。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_12530693.png
これについては、以下の記事で解説しています。

Office2019のアイコンも同じですね。Office2019もバージョン1904でアイコンが変わったのだと思います。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_13164303.png
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_13164315.png
Office2019のバージョンも、1904(ビルド 11601.20144)です。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_13202765.png
バージョン情報は、2019と記されています。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_22033821.png
Officeのバージョンを確認する方法は、以下の記事にまとめています。


追記:2019/07/07

Accessのアイコンも変わりました。
Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_18022426.png

Office2016、Office2019のバージョンは、1906(ビルド 11727.20230 クイック実行)です。

Office2016のアイコンが変わった!_a0030830_18070946.png

by hama_y | 2019-05-06 13:34 | Office共通 |▲TOPへ

Office2016のオプションに「簡単操作」
2019年 03月 10日
Office2016のオプションに「簡単操作」というタブが増えています。いつのバージョンで追加されたのかは、分かりません。
この記事の検証時のバージョンは、1902です。
バージョンの確認については、以下の記事で解説しています。


Excel2016の「ファイル」タブをクリックして、「オプション」をクリックします。「簡単操作」タブをクリックします。
「操作の結果のオプション」に「操作をアニメーションで表示する」という項目があります。
Office2016のオプションに「簡単操作」_a0030830_09073577.png
アクティブセルが移動する時のぬるったした動きを、「Excelのオプション」ダイアログボックスから設定できるようになったんですね!
既定では、以下のような動作です。
Office2016のオプションに「簡単操作」_a0030830_08595204.gif
これまでは、Windows側で設定していました。
Windows10なら、「Windows」+「U」で「簡単操作」を表示して、「Windowsにアニメーションを表示する」をオフにしていました。

Excelのオプションの設定で、アニメーションをオフにすることができるようになったんですね。
Excelのオプションで設定すると、Windowsのアニメーションはそのままで、Excelのみのアニメーションをオフにできます。

Wordにも「操作をアニメーションで表示する」という項目があります。以下は、Word2016の簡単操作の設定画面です。
Office2016のオプションに「簡単操作」_a0030830_09152728.png
ですが、Word2016では、「操作の結果をアニメーションで表示する」をオフにしても、カーソルの動きは変わりません。Windows側で設定しなければオフにならないようです。いずれ、解消されるとは思いますが。

WordとPowerPointには、「ボタン名と一緒にショートカットキーを表示する」という項目があります。以下はPowerPointの「簡単操作」の画面です。
Office2016のオプションに「簡単操作」_a0030830_09173059.png
WordとPowerPointでは、リボンのポップヒントからショートカットキーのみ非表示にする設定ができるようになっています。
既定では、リボンのポップヒント内にショートカットキーが表示されます。
Office2016のオプションに「簡単操作」_a0030830_09355842.png
ボタン名と一緒にショートカットキーを表示する」をオフにすると、下のようにショートカットキーのみ非表示になります。
Office2016のオプションに「簡単操作」_a0030830_09364508.png
でも、この設定をしても「新しいスライド」のショートカットキーは表示されます。。。???
Office2016のオプションに「簡単操作」_a0030830_09373255.png

ヒントのスタイル変更については、以下の記事で解説しています。


by hama_y | 2019-03-10 09:41 | Office共通 |▲TOPへ

リボンのユーザー設定で「基本的なコマンド」と「リボンにないコマンド」にコマンドが表示されない
2017年 07月 05日
今日、ある質問を受けて、Wordのオプションを開いて「リボンのユーザー設定」を表示すると…????
コマンドがない?!真っ白?!
「基本的なコマンド」と「リボンにないコマンド」、「[ファイル]タブ」も真っ白です。
ええ~~~!(゚д゚)!
Excel2016も PowerPoint2016も、Access2016も、真っ白です。コマンドが表示されません。
「すべてのコマンド」は表示されます。

「Wordのオプション」は、「ファイル」タブをクリックして「オプション」をクリックすると表示されます。
リボンのユーザー設定で「基本的なコマンド」と「リボンにないコマンド」にコマンドが表示されない_a0030830_15075905.png
リボンのユーザー設定で「基本的なコマンド」と「リボンにないコマンド」にコマンドが表示されない_a0030830_15080922.png

最近、何かしたっけかなぁ~と振り返ると、数日前にOfficeの更新プログラムを手動で適用しました。
バージョン 1706(ビルド 8229.2703 クイック実行)
バージョンを確認する方法は、以下の記事を参照してください。

リボンのユーザー設定で「基本的なコマンド」と「リボンにないコマンド」にコマンドが表示されない_a0030830_15090947.png

うーん、これが怪しいと思って、以下の記事をもとに一つ前のバージョンに戻してみました。

バージョン 1705(ビルド 8201.2102 クイック実行)

リボンのユーザー設定で「基本的なコマンド」と「リボンにないコマンド」にコマンドが表示されない_a0030830_15132704.png

予想通りです。コマンドは復活しました。
リボンのユーザー設定で「基本的なコマンド」と「リボンにないコマンド」にコマンドが表示されない_a0030830_15082904.png

しばらく更新をしないように設定しました。


早急にリボタンのカスタマイズが必要な方は、バージョンを戻すといいと思いますが、急ぎでなければしばらく待てば おそらくまた修正されるのではないかと思います。また、「すべてのコマンド」にはコマンドが表示されますので、そちらから対応することもできると思います。

追記(2017/08/17):久しぶりに更新を実行してみました。リボンの一覧が真っ白になるのは、改善されていました。バージョン1707(ビルド 8326.2073)では、修正されています。これ以前のバージョンで修正されているかもしれませんが、少なくともバージョン1707(ビルド 8326.2073)では、上記の問題はありません。


by hama_y | 2017-07-05 15:19 | Office共通 |▲TOPへ

一瞬現れてすぐ消えるウィンドウはMicrosoft Officeが原因
2017年 05月 30日
2、3日前から、一台のパソコン(Windows10 Pro 64bit Office2016)で画面左上にちらっと、ほんとに一瞬何かウィンドウが開いて、すぐ消えるという現象が起きるようになりました。それも一日に何回も。

また、なんか変なのが入ってしまったのかしらと検索してみると、以下の記事がヒットしました。
ええーーーっ!!Microsoftが?!Officeが?!
本当にそうなのかしら?と記事に記載されているとおり、進んで行ったら...ありました。
※「操作」ウィンドウの「すべてのタスク履歴を有効にする」にしなければ表示されません。
一瞬現れてすぐ消えるウィンドウはMicrosoft Officeが原因_a0030830_16500608.png
OfficeBackgroundTaskHandlerRegistration」というのがありました!「1時間ごとに無期限に繰り返します。」だって。

1時間に1回、実行されていたんですね!

いったん、右クリックで「無効」の設定をしたのですが、すぐに何か対処されるでしょうから、そのままにしておくことにしました。

Microsoft様、早く対応しておくんなまし! 
ウィルスじゃないかしらとドキドキハラハラの方もいらっしゃると思いますので。


by hama_y | 2017-05-30 17:04 | Office共通 |▲TOPへ

Office2013をインストールしたなら使ってほしい機能
2017年 01月 08日
最近、Office2013にされた方は参考にされてください。
Office2013をインストールした後、多かった質問


Office2013なら、ぜひ使って欲しい機能

【Office2013共通】


【Word2013】



【Excel2013】
Office2013をインストールしたなら使ってほしい機能_a0030830_09340718.jpg

by hama_y | 2017-01-08 09:35 | Office共通 |▲TOPへ

郵便番号を住所に変換したいのに直接入力で入力してしまったら
2016年 12月 23日
郵便番号から住所に変換できることは、よく知られていますが、変換するから日本語入力モードで入力しなきゃいけないのに、ついつい直接入力で入力してしまったということはないですか?
そういう時、BackSpaceで削除して入力し直してませんか?そんな必要はないです。キーボードの「スペース」キーの右横にある「変換」キーを押すと、変換候補を表示することができます。

通常は、日本語入力がオンの状態、言語バーが「あ」と表示された状態で郵便番号を入力して、スペースキーを押して変換候補一覧を表示して住所を選択して変換しますよね。(画像は、Window10で、メモ帳を起動しています。)
郵便番号を住所に変換したいのに直接入力で入力してしまったら_a0030830_20381401.gif
でも、つい直接入力でしてしますことがあります。
郵便番号を住所に変換したいのに直接入力で入力してしまったら_a0030830_20402455.gif
「あっ、住所に変換するつもりだったのに。」と思ったら、スペースキーの右横にある「変換」キーを押してみてください。
郵便番号を住所に変換したいのに直接入力で入力してしまったら_a0030830_20432959.gif
変換候補一覧を表示することができます。削除して入力し直すより、効率的ですよね。
郵便番号を住所に変換したいのに直接入力で入力してしまったら_a0030830_20432079.gif
メモ帳で解説していますが、WordやExcelでも同様の操作ができます。
ツイッターで下のようなコメントをいただきました。なるほど、誤字防止にもなりますね。


そう、そう。「変換」キーは、Enterキーで確定した漢字でも、「変換」キーを押すと再度 変換候補一覧を表示することができます。その一覧の中から、目的の漢字を再選択することができます。「変換」キーは、確定後の再変換ができるということです。

by hama_y | 2016-12-23 20:47 | Office共通 |▲TOPへ

Office2016のクイック修復
2016年 10月 10日
Officeで不具合があった場合、Officeプログラムの修復を実行することで解決できることがあります。

Office2016では、「クイック修復」と「オンライン修復」という2つの修復方法が表示されるようになりました。

Windows10の場合です。まず、スタートボタンを右クリックして、「プログラムと機能」をクリックします。
Office2016のクイック修復_a0030830_15305258.jpg
プログラムを選択して右クリック、ショートカットメニューの「変更」をクリックします。
Office2016のクイック修復_a0030830_15365711.jpg
または、「プログラムと機能」から目的のOfficeプログラムを選択して、上部にある「変更」をクリックします。
Office2016のクイック修復_a0030830_15513780.gif
ウィンドウには以下のように記されています。
●クイック修復
インターネットに接続していなくても、ほとんどの問題をすばやく修正します。
●オンライン修復
すべての問題を修正しますが、少し時間がかかり、処理中はインターネットに接続している必要があります。クイック修復を実行しても問題が修復されない場合、このオプションを選択できます。

まずは、「クイック修復」を実行して、それで解決できなければ「オンライン修復」を実行するという手順のようですね。

Office2013は、下のようになっています。
Office2016のクイック修復_a0030830_15435540.gif
おかげさまで今のところ、修復をしなければならないようなトラブルには遭遇していませんが、職場では何度か実行した記憶があります。

by hama_y | 2016-10-10 15:49 | Office共通 |▲TOPへ




パソコンのお役立ち機能を一緒に学びませんか?[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
PowerPoint2016..
at 2020-02-14 06:33
条件付き書式設定の塗りつぶし..
at 2020-02-09 23:32
Office2019(永続ラ..
at 2020-02-05 07:34
Officeの2020年1月..
at 2020-01-18 10:46
Word2016/2019で..
at 2019-12-16 10:50
リンク
Microsoft MVP for Office Apps & Services(2019.7-2020.6)
Microsoft MVP for Word (2016.1-2019.6)
Microsoft MVP for Office System (2009.1-2015.12)
問い合わせ
プライバシーポリシー
【サイトとブログ】
初心者のためのOffice講座
はじめてのMac
ヨガと更年期
初心者のためのOffice講座-SupportingBlog2
初心者のためのOffice講座-SupportingBlog3
はじめてのMac-SupportingBlog
【バージョンの確認】
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法
検索
外部リンク